レストランサービス技能検定とは、どのような資格?

レストランサービス技能検定とは、どのような資格?

みなさんは、「レストランサービス技能検定」呼ばれる検定を知っていますか?平成14年から国家検定資格として認定されていますが、その存在についてはあまり知られていないと思います。ウェイターやウェイトレス、マネージャーの接客能力を判断するために実施される検定制度で、受験者は学生や企業の従業員など、多岐にわたります。

今回は、レストランサービス技能検定とは、どのようなものなのか、スキルアップを通してできる仕事についてお伝えします。

レストランサービス技能検定とは?

レストランサービス技能検定は、ウェイターやウェイトレス、マネージャー、ホテルマンがお客さまに満足感を与えるための必要最低限のスキルを有していることを認定する技能検定のことです。試験は1級から3級に分れており、検定合格者は「レストランサービス技能士」の国家資格が与えられます。

近年、外食産業では、単なる飲食店としての機能以外にも、顧客の満足感を高め、顧客の多様化するニーズに対応できるサービスや技術が求められています。そのため、レストランサービス技能士は、サービス業における模範的な人材としての需要が高まっています。

レストランサービス技能検定で広がる仕事

レストランサービス技能検定の試験を受験し見事合格すれば、ホテルやレストランなどの飲食関係全般でその専門的な知識や技術を役立てることができます。現場では、食事や飲み物を届けるスペシャリストとして、お客さまの接客に従事できます。

現在、海外からの日本文化への注目から訪日外国人が増加しているため、最前線の接客スキルを有する担当者として、確実に社会からの期待が高まりつつあります。レストランサービス技能検定の1級や2級試験に合格すれば、高い技術や経験を証明できるため、飲食業界であれば、全国どこへでも転職ができます。そのため、検定合格者は、接客業において周囲からベテランと呼ばれる人がほとんどです。

レストランサービス技能検定を通してスキルアップする!

レストランサービス技能検定は、下記の流れで受験します。

  • ◆ステップ1:受験者募集開始
  • ◆ステップ2:受験申請
  • ◆ステップ3:学科試験
  • ◆ステップ4:学科試験の合格発表
  • ◆ステップ5:実技試験
  • ◆ステップ6:実技試験の合格発表

試験は、学科試験と実技試験の2つに分かれています。そのため、学科試験に合格しなければ、実技試験を受験できません。これまでの仕事のキャリアが長ければ、最高位であるレストランサービス技能検定1級を受験したいと思う方もいるでしょう。

レストランサービス技能検定には、受験期間というものが厳格に設けられているため、何級からでも受験できるわけではありません。3級は1年以上、2級は3年以上(または3級合格後2年以上)、1級は11年以上(または2級合格後4年以上)の実務経験を経て、受験資格を満たすことができます。

現在、私は接客対応スキルを向上させるため、京都調理師専門学校でレストランサービス技能検定3級試験の合格を目指して勉強しています。京都調理師専門学校では、調理師免許以外にも、さまざまな難関資格の受験サポートがあるため、試験内容で不明点があれば、すぐに解決できる環境が整っています。

そのため、合格が難しいとされる食生活アドバイザーや食育インストラクターのような難関資格でも、しっかりと合格を目指すことが可能です。

レストランサービス技能検定の試験に合格すれば、3級レストランサービス技能士としてバッジを付けることが許されます。国家資格は、1つでも取得していると就職に有利なので、今のうちに合格を目指して頑張りたいと思います。就職までに、高度な知識やスキルを取得したい方は、京都調理師専門学校で一緒に学んでいきましょう。