フードコーディネーターって聞いたことある?

フードコーディネーターって?

京都調理師専門学校の調理師科で資格取得を目指して勉強中のいち香です。私には将来、カフェを経営したいという夢があるので、この学校を卒業するまでにフードコーディネーターの資格も取得しておきたいなと思ってるんです。

フードコーディネーターになると、食のスペシャリストとして周囲に評価されて、食べ物に関するさまざまなことを、自分でプロデュースできます。もしかしたら、フードコーディネーターってなにか知らない人もいると思うので、詳しく紹介させてもらいますね。

フードコーディネーターとは?

調理とは関係のない業界の人や友人と会話をしていると、時々、「フードコーディネーターってなに?」と聞かれます。確かに、世の中にはあまり広く知られていない資格かもしれません。

フードコーディネーターとは、食に関するスペシャリストで、あらゆる分野を複合的にコーディネートできる人、という視覚で、それを実践している人を意味します。

例えば、お店を経営するには、食品に関する販促物やメディアの作成、商品開発、レストランプロデュースなど、フードビジネスのすべてに関わって、仕事を進めていく必要があるので、「ヒト・モノ・コト・情報」をしっかりコントロールできなくちゃいけないんです。

実際にフードコーディネーターの認定試験に合格するには、「文化」「科学」「デザイン・アート」「経済・経営」の分野について基本からおさえて食について徹底的に勉強する必要があります。

フードコーディネーターができる仕事は?

頑張ってフードコーディネーターの資格を取得すると、食のイベントやメディア、レストランプロデュース、商品開発を中心として、あらゆるフードビジネスにスペシャリストとして参加できます。

しかも食に関する専門的な知識や経験をベースに、フードコーディネーターとして、マネジメントや経営、マーケティング能力を兼ね備えて、現場で活躍できる人材になれるから、資格さえ取得しておけば、どこでも働けるのです。

私は今後、自分でカフェをオープンしたいと思っているので、専門学校の在学中にフードコーディネーターの資格を取得して、その専門的な知識を役立てることができたらなと考えています。

だから、食の最前線でスペシャリストとして働くことを視野に入れているのなら、調理師免許の取得を目指しながら、フードコーディネーターの勉強も、スタートしておいた方が良いと私は思います。

フードコーディネーターとは、「情報」のプロデューサー

私は、調理師免許を取得するために京都調理師専門学校へ入りました。調理師免許を無事に取得できれば就職後も活躍の場は広げられると思いますが、最近はフードコーディネーターの勉強も始めていて、難関試験に合格するために、日々頑張っています。

フードコーディネーターは、情報のプロデューサーとしての働きが求められていて、いろんなことができないといけません。たとえば、お客さまから「レシピブックを作ってください!」と言われれば、デザイナーやカメラマン、ライター、印刷会社に連絡して、希望通りのものを完成させます。

優秀なフードコーディネーターがいたら、お店の中にあるいろいろな問題が、解決するといってもよいでしょう。食に関する問題を解決するコンサルタントなので、メニュー開発や、アートディレクション、フードスタイリング、原稿作成まで、プロデューサーとしての責務を果たしていきます。

この試験は、結構難易度が高い為、友達と一緒に必死で勉強中です。こういったときに、いつでも相談できる友達がいてよかったなと思っています。私も食のスペシャリストとして活躍するフードコーディネーターになれるように、3級試験の合格を目指します。もし、今後、フードコーディネーターの試験を受験することを視野に入れているのなら、私と一緒に、試験勉強を頑張りましょう!