調理師の就職先についてご紹介

調理師の就職先についてご紹介

「調理師になりたいけどどんな就職先があるのだろう」、「調理師ってどこで働いているのだろう」など、さまざまな疑問を感じている方は多いと思います。
調理師には、さまざまな就職先や業務内容があります。自分がどのような仕事をしたいのか、今一度把握しておく必要があるでしょう。
そこで今回は、調理師の就職先についてご紹介します。調理師になりたい方はぜひ、自分の進路の参考にしてくださいね。

調理師の業務内容

そもそも調理師は、どのような業務をこなしているのでしょうか。具体的な業務内容についてご紹介します。

・調理作業

調理師と聞いて多くの方がイメージすることは、フライパンを振って豪快に調理したり、
繊細な包丁さばきで食品を扱ったりするなどの調理作業ではないでしょうか。
調理作業は、調理師のメイン業務となります。

・仕込み作業

仕込み作業も、調理師の業務内容となります。
仕込みとは、料理の事前準備のことで、開店前日の夜や開店前の朝などに行われることが一般的です。
仕込みをすることで、お客さまに料理をスムーズに提供できるようになります。

・掃除、準備、片付けなどの日常業務

調理師は調理の他にも、掃除や準備、片付けなどの日常業務も行います。
特に調理器具の手入れは時間をかけて、丁寧に行う必要があるのです。

・新メニューの考案

調理師は調理業務に慣れてくると、新メニューの考案を任されることがあります。
自分のアイデアがメニューに加わることは、調理師として光栄なことといえるでしょう。
ただし、就職先によってはメニューの考案をすべてオーナーや料理長が担当している場合があります。
メニューの考案をしたいと考えている方は、就職先の教育体制がどのようになっているのか、就職前に確認するようにしましょう。

調理師の主な就職先はどこ?

調理師募集の求人は、比較的多いといえます。
調理師のニーズが高まっている背景には、食品関連の企業が増えていることなどが挙げられます。
では、調理師の主な就職先として、具体的にどのようなものが挙げられるでしょうか。
ここでは、調理師の主な就職先についてご紹介します。

・飲食店

調理師の就職先として、最も人気があるのが飲食店でしょう。
飲食店には、和食料理店や洋食店、エスニック料理専門店、高級レストランなど、さまざまな種類があります。
そのため、料理人として自分が目指す将来像を明確にして、どこに就職するのが良いか考えなくてはなりません。

・給食センターや施設の厨房

調理師の就職先として、給食センターや施設の厨房が挙げられます。
学校や介護施設、病院などの給食を作ることも調理師の仕事です。栄養士などが考案したメニューをもとに、調理します。
業務未経験でもスタートしやすい環境があるため、世代を問わずに多くの調理師が活躍できる場所といえるでしょう。

・ホテル

調理師の就職先として、ホテルも候補になります。
ビュッフェやイベントなどを開催するホテルは、多くの調理師が必要とされます。
そのため調理師の修行の場としても、ホテルは魅力的といえるでしょう。

・食品関係の企業

食品メーカーなどの食品関係の企業でも、調理師を募集しています。
食品開発の意見やアドバイス、企画考案など幅広く業務を任されるため、
食に関する知識を身につけている調理師は重宝されるでしょう。

おわりに

今回は、調理師の就職先についてご紹介しました。
調理師の業務内容には、調理作業から仕込み、新メニューの考案などが挙げられます。
就職先の幅も広く、飲食店や給食センター、施設の厨房、食品関連の企業などに就職することが可能です。

調理師免許を取得することで、飲食業界でさまざまな可能性を見つけることにつながるでしょう。