調理師免許とは

調理師免許とは

料理人になりたいという目標を持っている方の中には、「調理師免許」という資格に興味がある方もいらっしゃるかと思います。しかし調理師免許について、調理師になるための資格ということは分かっているものの、
具体的にどのような免許なのかは分からないという方も多いのではないでしょうか。
調理師免許を取得することで、調理に関する基本的な知識や技術を身にけることができます。
今回は、調理師免許とはどのような資格なのか、また持っていることでどのようなメリットがあるのかご紹介します。

調理師免許は「調理師」であることの証明

「調理師免許」とは、調理師法に基づき都道府県知事が行う調理師試験に合格した方が得られる資格(免許)のことで、国家資格の1つです。
調理師免許取得後は、各都道府県の調理師名簿に名前が登録され、「調理師(調理士)」と名乗ることが可能となります。なお、調理師免許を持っていない場合、調理師を名乗ることができません。

調理師免許を持っていることで、「調理に関する一定の知識と技術を身につけている」ことの証明となります。
そのため、飲食店未経験者であっても、ある程度は調理作業に対応できると判断してもらえるため、
就職先の幅を広げることができるでしょう。

調理師免許を取得するメリットとは?

調理師と名乗るためには調理師免許が必要ですが、調理師免許を取得していなくても、調理関係の仕事をすることは可能です。

しかし、それでも多くの方が、専門学校や独学を経て調理師免許を取得しているのは、
免許を取得することで、さまざまなメリットが得られるからでしょう。

ここでは、調理師免許を取得することで得られる、代表的な3つのメリットについてご紹介します。

就職・転職時に有利

調理師免許を取得するためには、厚生労働大臣指定の調理師専門学校を卒業する、
もしくは調理した飲食物を多人数に提供する施設や飲食店で、2年以上の実務経験を積む必要があります。
調理師免許を取得するまでのプロセスにおいて、調理に関する基礎知識と技術を身につけることができるため、
飲食店へ就職・転職する際には有利
となるでしょう。
なお、飲食店によっては、調理師免許を取得していることを採用条件にしているケースもあるため、
就職先の幅を広げるためにもおすすめです。

独立開業がしやすくなる

自分のお店を開店する際に、「食品衛生責任者」という資格が必要となります。
食品衛生責任者は、講習を受講することで取得できる資格ですが、
調理師免許を取得している場合は講習受講が免除され、申請のみで取得が可能
です。
独立開業の準備をスムーズに進められるほか、調理師免許があることでお客さまに安心感を与えることもできるため、
「いつか自分のお店を持ちたい」という目標を持っている方は、調理師免許を取得することをおすすめします。

給料に好影響

飲食店によっては、調理師免許保有者に対して、資格手当を支払う場合があります。
調理師免許を持っていることで、給料が良くなることは資格を取得するメリットといえるでしょう。

おわりに

今回は、調理師免許とはどのような資格なのか、また持っていることでどのようなメリットがあるのかご紹介しました。
調理師免許とは、厚生労働大臣指定の調理師専門学校を卒業した方、
もしくは飲食店などで2年以上の実務経験を積み、調理師試験に合格した方が得られる資格です。
取得することで「調理師」を名乗ることができるようになります。
調理に関する一定の知識と技術を習得していることの証明にもなるため、就職や転職時にはとても有利になるでしょう。
また、調理師免許保有者に対して、資格手当を支払う飲食店もあります。

将来的に自分のお店を持ちたい方や、活躍の場を広げたい方には、調理師免許を取得しておくことをおすすめします。