調理師になる為の最短は専門学校への通学

調理師になるための最短は専門学校への通学

「1日でも早く調理師として活躍したい」、「すぐにでも調理師免許を取得して、調理師になりたい」と考える方も多いでしょう。
調理師を夢見る方におすすめしたい選択肢が「専門学校への通学」です。
専門学校へ通えば最短で調理師を目指すことができます。
そこで今回は、専門学校へ通学することが、調理師になるための最短の選択である理由についてご紹介します。

専門学校では最短1年で調理師免許が取得できる

専門学校に1年以上通学すれば、調理師免許の試験を受けずに調理師免許を取得できます。
なぜなら、専門学校に通学している方は、調理に関する一定の知識と技術が身についていると判断されるためです。

もちろん、専門学校へ進学しなくても調理師免許を取得することは可能です。しかし、決して簡単なことではありません。調理師免許の試験内容は幅が広いため、独学での受験は困難です。一方、専門学校へ進学すれば卒業と同時に資格取得できるため、独学よりも取得しやすいといえます。

社会人やフリーターにうれしい「夜間部」も

一般的には、高校を卒業したあとに専門学校へ進学するケースが多いでしょう。
しかし、社会人やフリーターの方も、専門学校に進学できるようシステムが整っています。
昼間働きながら学校で学べるよう、「夜間部」を導入している専門学校も多いのです。
もちろん、夜間部であっても、通常クラスのカリキュラムと同様の内容を学ぶことができるため、調理師免許を取得することができます。

「働きながら調理師について学びたい」、「なるべく短期間で調理師免許が欲しい」と考える社会人やフリーターの方も、専門学校への通学を検討してはいかがでしょうか。

独学で資格を取得するには時間と努力が必要

先ほどもお伝えした通り、調理師免許は専門学校へ進学せず独学で勉強し、試験に合格すれば取得できます。
しかし、それは決して簡単ことではなく時間と努力が必要です。
そもそも、独学で調理師免許の試験を受けるには、飲食店での2年以上の実務経験が必須になります。
すでに飲食店に勤務している方であれば問題ありませんが、もし異業種の場合には転職や副業で飲食関係の仕事に勤務しなければなりません。
また、最低でも2年間の勤務が必要であるため、やはり専門学校と比較すると調理師免許取得までに時間がかかるでしょう。

さらに独学で調理師免許を取得する場合は、試験合格へ向けて徹底的な対策を行う必要があります。
試験そのものの難易度はそこまで高くありませんが、科目が多いことから学習しなければならない範囲は広いでしょう。
いままで行われた試験の傾向を自分で把握した上で試験対策を練ったり、過去問題を解いて間違えたところを勉強し直したりするなどの努力も必要です。

最初は独学で勉強していたものの、調理師免許の試験勉強が想像していたよりも大変で、専門学校へ進学することにしたというケースも少なくありません。独学での勉強に自信がない方や、専門的な知識や技術をしっかり身につけたいという方は、専門学校への進学がおすすめです。

おわりに

今回は、専門学校へ通学することが、調理師になるための最短の選択である理由についてご紹介しました。
調理師になるための選択肢はさまざまなものがあります。しかし、一般的には調理師免許を取得してから調理師として働きだすというケースが多いでしょう。
調理師免許の取得方法は、専門学校への進学と独学の2パターンがありますが、なるべく早く調理師として活躍したいのであれば、専門学校への進学をおすすめします。専門学校へ通えば、最短1年間の通学で調理師免許の取得が可能です。
専門的な知識や技術をしっかり身につけたい方、独学での勉強に自信がない方は専門学校への進学を検討してはいかがでしょうか。