中卒、高卒から調理師になる方法をご紹介

中卒、高卒から調理師になる方法をご紹介


現在活躍している調理師の中には、大学へ進学してから調理師としての人生をスタートさせた方もいますが、
大学へは行かず中卒や高卒で調理師なった方ももちろんいます。
大学へ行かずとも料理人にはなれますが、調理師と名乗るには国家資格である「調理師免許」を取得しなくてはなりません。
では、調理師免許を取得するにはどうすれば良いのでしょうか?
そこで今回は、中卒や高卒から調理師になる方法についてご紹介します。

調理師免許とは?

「調理師免許」とは国家資格の1つで、調理師法に基づき都道府県知事が行う調理師試験に合格した人が得られる資格(免許)のことです。
調理師免許を取得すると、各都道府県の調理師名簿に登録され「調理師(調理士)」と名乗ることができます。逆をいうと、調理師免許を持っていない場合は「調理師」と名乗ることはできません。

中卒、高卒で調理師免許を取得する方法


調理師免許を取得するには「厚生労働大臣が指定した調理師養成施設(調理師専門学校など)を卒業する」または「中学校卒業後、飲食店で2年以上実務経験を積み、調理師資格の受験資格を得る」という2つの方法があります。

ここでは中卒、高卒の方が、調理師免許を取得する方法についてご紹介します。

・調理師専門学校で調理師免許取得

学校によって入学資格や条件は異なりますが、調理師コースを設けている専門学校のほとんどが、入学資格を「中学校卒業以上または同等以上の学力を有すると認めた者」と定めています。要するに、学校によっては中卒の場合でも調理師専門学校に入学できるということです。

調理師専門学校は2年制が一般的ではありますが、調理師コースのみの場合は1年制を設けている学校も多くあります。
学校では、飲食店などの現場で活躍するための知識や技術を学び、最短1年で調理師免許を取得することが可能です。
ただし、厚生労働大臣指定の学校でない場合は、たとえ卒業しても調理師の免許は得られないので注意しましょう。

・2年以上の調理実務経験を積み、調理師免許の受験資格を得る

専門学校に行かず、独学で試験を受けて調理師免許を取得することも可能です。
この場合、受験資格の条件としては中卒以上、かつ飲食店で2年以上勤務した実務経験が必要となります。
実務経験は正社員ではなくともパートやアルバイトでも可能で、複数の店の経験を通算することもできます。

調理の実務経験として認められるものとしては、飲食店をはじめ、学校や病院などで、食べ物や飲み物を調理して提供するというほか、魚介類販売店で鮮魚をさばく業務や、惣菜店で各種惣菜の調理に携わる業務も含まれます。
ただし、魚介類市場や惣菜店の販売業務や、豆腐やハム、ベーコン類の製造、デリバリー業務、ウェイターやウェイトレス業務は含まれないので注意しましょう。

調理の実務経験を2年以上得た後、都道府県知事が実施する調理師試験を受験し、合格したら調理師免許の交付を受けることができます。

・調理師免許を取得しないで料理人を目指せる!?

結論からいうと、料理の世界は「技術」や「センス」が求められるため、学歴や資格などはあまり問われることはないでしょう。

学歴がどうであれ、自分が携わりたいジャンルのお店で修行を積み、
料理のノウハウや技術を学びながら経験と知識を蓄え、キャリアを築いていけば、将来的に独立を目指すことも可能です。

しかし、調理師免許を持っていることで得られるメリットは意外と多いのです。
例えば、専門学校に通うことで、自分の希望に合った就職先を紹介してくれる場合があります。
また、調理師免許があることで、給与に手当がつくことがあります。将来的に海外で調理師として挑戦したい場合、
調理師免許があることで就労ビザが取得しやすくなるでしょう。
なお、飲食店によっては調理師免許取得者が採用条件となっているケースもあります。

調理師免許は、高条件またはハイレベルな飲食店での就職を希望する方や、
将来的に国内外問わず調理師として第一線で活躍したいと思っている方に必須な資格といえるでしょう。

おわりに

今回は、中卒や高卒から調理師になる方法についてご紹介しました。
調理師免許を持っていなくても飲食店で働いたり、開業したりすることは可能です。
しかし、調理師免許取得のための勉強過程で、調理に関する正しい知識を得ることができるため、
就職・転職時に有利なアピールポイントになります。また、近年では調理師免許所持を
採用条件にしている飲食店もあるため、料理の道を目指すなら調理師免許を取得したほうが良いでしょう。

何より、国家資格である調理師免許を取得することで、料理人としての自信がつき、
提供する相手にも安心感を与えることができます。
自分の可能性を広げるためにも、ぜひ調理師免許取得を目指してみてはいかがでしょうか。