調理師の免許を取ったら、何したい?

調理師の免許について考えてみよう

調理師免許の取得を目標に京都調理師専門学校の調理師科で勉強を始めた、いち香です。今日は、私が調理師免許を取得したい理由や、調理師ってどんな仕事なのかをお伝えします!京都調理師専門学校でしっかり経験を積んで、調理師免許を取得できたらやってみたいことも紹介するので、調理の世界で働くことを考えている方の参考になればと思います。

調理師の免許を取りたい19歳

ここでは、私の自己紹介を書いてみたいと思います。インターネットに自分のことを書くなんて少し緊張しますが、入学前の方にとって参考になればと思っているので、よかったら読んでください。

私が京都調理師専門学校に入学したのは、調理師の免許を取りたいと思ったからです。私は、現在19歳ですが、勉強ができる人が集まる進学校出身というわけではありません。むしろ、勉強が苦手だったので、進学校に入っていたらついていけなかったと思います。

そんな私が調理師の免許を取得したいと思ったのは、食べることや、食べる人の笑顔を見ることが好きだからです。母は、高校に通う私のために、いつもおいしい料理を作ってくれました。元気がないときでも、母の手料理を食べればすぐに元気になれたので、食べることが好きになりました。もし、母が料理上手でなければ、調理に興味を持つことはなかったでしょう。

そして私は、高校に入ってからファミレスでアルバイトを始めました。ホール担当、つまり接客業だったので、自然とお客さんがおいしそうに食べる姿が目に入りました。そんなシーンを何度も見ていると、いつか私も人に喜ばれる料理を作ってみたいと感じるようになりました。

そんなとき、京都調理師専門学校のオープンキャンパスがあったので、「面白そうだな」と、なんとなく参加してみると自分にぴったりだとわかりました!本場京都で食について学べる、家からも近い、そして調理師免許が取れる、だから「ここしかない!」と思ったんです。

調理師免許、持ってるとなにができる?

調理師っていうと、どんな人をイメージしますか?突然、どんな人っていわれても難しいですよね。

ちなみに、国家資格である「調理師免許」を取得していないと、調理師と名乗ることはできません。だから、「人のために料理を作る仕事」というだけでは、調理師と名乗ることはできないんです。

調理師免許を取得して、病院や福祉施設、給食センター、ホテルなどで、一度にたくさんの料理を作る人が、私にとっての調理師のイメージです。シェフや板前、料理人として、食品の衛生面や扱い方に関する専門知識を使いながら、安全に配慮されたおいしい料理を作ります。それが、調理師の仕事です。

正直なところ、調理師免許がなくても、「調理をする」という仕事はできます。でも、調理師免許があるのとないのとでは、待遇に大きな差が出るのもホント。極力、高待遇で働きたいと思うなら、取得しておいた方が良い資格なんですよ。

調理師免許を取ったらやりたいこと

京都調理師専門学校には調理師免許を取得したくて入学したんですけど、将来どんなことをやるのかは、まだ具体的に決まっていません。私的には、ホテルやオシャレなカフェで料理人として働きたいなと、なんとなく考えています。

でも、京都調理師専門学校に入学するにあたって、夢が絶対になければいけないということは、まったくないです。私みたいに、調理師免許を取得することが一番近くの目標という人も、たくさんいます。だから、今具体的な夢がなくても、全然焦る必要はないと思いますよ。

京都調理師専門学校に入学したら、友達や講師が親身になって相談にのってくれるので、自分のペースでゆっくり考えればいいと思います。私も、まだまだ半人前なので人が喜ぶ料理を作るためにも、日々勉強中です!