野菜ソムリエとは?どんな資格?

野菜ソムリエとは?どんな資格?

あなたは、野菜や果物は、好きですか?私は、新鮮な野菜や甘い果物が大好きです。現在、私は、京都調理師専門学校に通いながら野菜ソムリエの試験合格を目指しています。

最近は、芸能人も野菜ソムリエの資格を取得して、テレビ番組に登場することが多くなってきました。そのため、野菜ソムリエについてまったく知らない人でも、資格の名前くらいは知っているかもしれません。今回は、料理界でも高く注目されている野菜ソムリエの資格についてご紹介します。

野菜ソムリエとは?

野菜や果物に関する専門的な知識を身につけ、その魅力や価値について社会に広めることができるスペシャリストのことを、野菜ソムリエといいます。野菜ソムリエになると、野菜や果物の正確な目利きや素材、栄養に合わせた調理法が分かっていることになりますので、家族や職場など、周囲の人の健康に積極的にかかわっていくことができます。

野菜ソムリエの資格は、一般社団法人日本野菜ソムリエ協会が管理する民間資格です。試験に合格すると、野菜ソムリエの称号が付与されます。

野菜ソムリエと一言にいっても、いくつかの段階があります。一般的な名称として知られている野菜ソムリエはもちろん、野菜ソムリエプロ、野菜ソムリエ上級まで、専門性の高さに応じて、伝えられることや仕事の可能性などが異なります。

野菜ソムリエ上級になると、当然ですが、試験問題も一気に専門的になります。でも上級資格を取得できれば、メディアへの出演や本の出版などの依頼が、入るようにもなるのだそうです。こればっかりは運もありますから確実ではありませんが、少なくとも上級のクラスでなければ、こうした働き方は難しいことなのかもしれません。

野菜ソムリエの資格取得後に広がる仕事

野菜ソムリエの資格ですが、1度取得してしまえば、料理界のあらゆることにチャレンジできます。例えば、野菜や果物に関する専門的な知識を活かして、食生活を改善するためのアドバイザーとして働いたり、農作物のプロモーションに活かしたり、料理教室やセミナー講師を目指していくこともできます。

他にも、自分のお店を開きたいという方は、専門的な知識を活かして、おいしい野菜レストランをオープンすることもできるでしょう。フードライターや青果店販売店、商品開発など、野菜ソムリエの資格を活かせる場所は、たくさんあります。野菜ソムリエの資格を取得して、野菜や果物について考え、人に伝え、作り、楽しむことが、資格取得後の可能性を大きく広げてくれます。

実際に、どのような働き方をするかは、本人次第です。そのため、資格取得後の年収は、人によってまったく違います。少なくとも、早めに取得しておいて損をするような資格ではありませんよ。

野菜ソムリエの使命

野菜ソムリエ初級の受験生は、すでに6万人を超えており、それぞれが全国各地で専門的な野菜の知識を生かして活躍しています。野菜ソムリエは、生活者と生産者の懸け橋となることで、人の心を動かすことを使命としています。

なぜ、人の心を動かせるのかというと、野菜や果物の価値を深く理解し、そこに楽しさという要素をプラスして情報発信ができるからです。たとえば、スーパーの青果部門では、「○○産の大根が大変お買得ですよ。いかかでしょうか。」という売り文句がよく使われます。

しかし、野菜ソムリエであれば、「○○産の野菜は、今がもっとも栄養価が高くて甘みがありますよ。この季節は、1番ビタミンCがたくさん含まれていますよ。」と伝えることかできるでしょう。

野菜の価格に訴求しなくても、素材のおいしさや楽しさをアピールすれば、自然と人の心は動きます。野菜ソムリエは、生産者や販売者が持ち合わせていない視点で、生活者にわかりやすくその価値を伝えていく必要があります。

野菜ソムリエの資格勉強法

野菜ソムリエの初級試験ですが、合格率は85%となっています。すべて筆記試験のみで120分以内にマークシート方式で回答していきます。500点中350点以上をとれば合格できます。

野菜ソムリエの試験を受けるには、試験日当日にベジフルカルテと呼ばれる課題を提出しなければいけません。ベジフルカルテには、自分の選んだ野菜には、どのような特徴があり、その特徴を生かせばどのような料理が作れるのかを記入していきます。これを8枚分作成する必要があるため、事前にスケジュールを立てて効率良く進めていく必要があります。万が一、ベジフルカルテに不備がある場合は、試験終了後に呼び出されて修正します。

試験問題ですが、野菜ソムリエのテキストから出題されます。そのため、テキストさえしっかりと頭に入っていれば合格はさほど難しいものではないでしょう。テキストを読み込むことで、すべての内容を網羅できますが、全体を通して勉強していると苦手な単元や内容がわかってくるので、そのような場所を重点的に読み込んでいきます。

試験問題は、200問近くありますが、比較的簡単に回答できるので見直す時間もできるでしょう。試験の合格率を見てもわかるように、テキストの内容をしっかりと理解できていれば、確実に合格できます。問われる問題も基礎的なものばかりです。

試験問題は試験修了時にすべて回収されてしまうため、過去問題集などの教材はありません。これまでの試験問題を解きなおすという勉強はできませんから、テキスト中心にしっかり準備しておくと良いでしょう。

野菜ソムリエの資格を取得したい理由

私は、料理を通じて、さまざまな人に健康についてアドバイスがしたいと思っています。その際、どうしても全問的な知識が必要になります。もちろん、勉強すれば良いことなのですが、自分が「これを勉強しました!」と自己申告するだけでは、周りの人からの信用を得ることは難しいでしょう。食の基本ともいえる野菜や果物に関する専門的な知識があれば、栄養学などの根拠に基づいた具体的な指導ができます。資格とは、これを「できます」と、周りの人に伝える手段の一つだと思うのです。

まだ、調理師免許も取得していないため、具体的な就職先について決まっていませんが、野菜ソムリエの資格があれば大きく可能性が広がると考えています。実際に、自分のお店や料理教室が開けるようになったら、すごく魅力的ですよね。

将来的には、しっかり料理界で経験を積んで自分のお店をオープンしたいという夢があるので、今のうちに野菜ソムリエの資格が取得できれば、自分自身の励みにも自信にもなると思っています。学校には同じように資格取得を目指す仲間もいますので、切磋琢磨しながらがんばります!