フードアナリストとは?どんな仕事?

フードアナリストとは?どんな仕事?

最近、さまざまなメディアで「フードアナリスト」という言葉を目にすることはありませんか?有名芸能人や歌手などが取得し、話題となっている資格です。一体、何をする人なの?と思う方も多いと思います。

今回は、フードアナリストという資格について、いろいろとご紹介します。

フードアナリストとは、どんな人?

フードアナリストとは、日本フードアナリスト協会が実施する試験に合格すると、名乗ることが出来る資格です。民間資格ではありますが、調理学や食文化、栄養学、フードコーディネート、ホスピタリティなどについて、総合的に学ぶ必要がある資格です。

実際、何をするのか、簡単にいえば「食に対しての知識や教義、適切なマナーを修得し、食の専門家として、優れた洞察力と豊かな表現力を駆使して、消費者サイドの視点に立って料理界に貢献する」ということです。「料理を作る人」ではなく、「料理を食べる人」に視点に立って、というのが特徴かもしれません。

フードアナリストになるには、専門学校で学んだり、専門的なことを自ら学ぶということが必要です。後述しますが、フードアナリストにはいくつかのランクがあり、一番難しいランクに合格するためには、独学で勉強するのは非常に難しいと思います。

つまり、同じフードアナリストでも、ランクが高い資格を持つ人は、店舗の販促コンサルティングや商品開発、店舗デザインなど、あらゆるシーンでの活躍が期待されています。

 

フードアナリストになると、仕事が広がる?

フードアナリストの試験は、比較的取得がしやすい4級から、最高ランクである1級までの4つのランクに分かれています。

見事、資格を取得できれば、食品や食材についての歴史や背景、独自性、比較、評判、トレンドなどを総合的に解説できるため、中立的な立場から評価レポートを作成できます。

他にも、ウェブサイトや雑誌でフードライターとして記事を執筆したり、マーケティングや商品開発に携り、地域で開催される座談会へゲストとして招待される、ということもあるようです。

仮に「フードアナリストの資格があれば、仕事が広がりますか?」と質問されれば、「YES」と答えるのではないでしょうか。

特に、1級試験の難易度が非常に高く合格者が少ないため、これを取得できれば、就活時に大きなアピールポイントとなるでしょう。近年、調理に関するような職種の就職試験で、フードアナリストの知識について問う問題が出ることが増えているようです。早めに取得しておいて損はありません。

 

フードアナリストの資格を取得したい理由

ではここで、私がフードアナリストの資格を取得したい理由をご紹介します。私が受験するのは、フードアナリストの4級試験なので、それほど難易度自体は高くありません。しかし、ゆくゆくは1級の合格を目指しています。

まだ調理師免許を取得していない私ですが、私には一つの夢があります。それは、将来的に生産者と消費者をつなげられるような料理人になりたい、ということです。どんなシーンでも、私の料理を食べて頂くお客さまに対し、安全性や栄養価を最大限に考えた食事を提供し、必要であるならば年齢層を問わず、「食育」につながるような働き方をしたい、という思いがあります。

食の問題は、一生かかっても学びきれないほど、膨大で複雑なテーマです。人によって、理解の仕方もさまざまだと思います。でも、フードアナリスト1級の資格があれば、つまりそれだけ「自分自身が学んできた結果」があれば、説得力ある説明ができるようになると思うのです。

私は、まだ漠然とした部分はあるのですが、このような夢を持っています。私が京都調理師専門学校への入学を決めたポイントの一つは、フードアナリストの2級~4級試験の資格取得サポートが受けられる、という点でした。2級試験は2年制の生徒しか受験できませんが、3級と4級は、1年制でも受験できます。つまり、私でもがんばれば、3級までは取得できる可能性があると思うのです。

その後、2級、1級と進むのは大変だとは思いますが、まずは一番近い目標として、4級の合格を目指します!

もし、難関試験に合格して、料理業界で可能性を広げていきたい、という夢があるなら、ぜひ早いうちに合格を目指しましょう。私たちの生活を支える「食」は、本当に奥が深い!京都調理師専門学校で、その奥深さを学んでみませんか?