味よし!見た目よし!最高のだし巻きを目指して!

2年制の和食・日本料理上級科1年次って

いったいどんな授業をするんだろう?

基本包丁技術と調理方法を学ぶ

今回の実習授業では「だし巻き」と「あじの塩焼き」に挑戦

「だし巻き」では基本的な加熱調理について学習して

見た目も美しい料理をつくっていきますわーい (嬉しい顔)

まずはだし巻きからスタート

だし巻きは4個の卵を使って実践!

友達の技も見ながら切磋琢磨しますパンチ

中にはGW中に家で練習した学生も!

 

実習中は美味しく見た目もきれいに料理するだけではなく

身のまわりは常に清潔にして返事もしっかりすることが必要!

合言葉は「品格、段取り、清潔がすべて

働いた時の立ち居振る舞いも

こうやって授業を通して身についていきます。

分からないことは先生が丁寧に教えてくれるので安心!

そして同じ夢を持つ仲間もアドバイスをくれるので成長し合える環境でするんるん (音符)

だし巻きの次はあじ!

先生のデモンストレーションを見る目は真剣そのもの目 

魚の3枚おろしは和食・日本料理には必須の技術

身をつぶしてしまわないように魚の下処理をします。

2年制上級科の学生は、2年次になると

本物のお客様に料理を提供していきます。

こうした実習授業でも、ちゃんとお客様に提供することを考えて

五感で楽しんでもらえる料理をつくることの大切さを教わりますほっとした顔

次回の実習は…?

だし巻き」と「桂剥き」に挑戦!

京調は同じ料理を複数回つくることで自然と「できる!

という自信が身につくカリキュラム指でOK

和食の本場・京都で学び、

技術も知識も見る目をきっちり身につくのが京調!

 

和食・日本料理上級科についてはこちら!