和食日本料理上級科[2年制]を学ぶなら京都調理師専門学校

和食といえば、本場・京都。会席料理からおばんざいまで幅広く学び、京料理の腕を磨く。

授業内容

旬の食材、高級食材を活かす調理方法を習得します。授業では旬の京都のブランド野菜「京野菜」を使用し、その素材がもつ旨味や風味を引き出せる調理技術を習得します。

学び 日本料理の調理法である五法(煮る・焼く・蒸す・揚げる・生食)を学びます。

  • 煮る

    煮物を通して、食材を煮くずさず、色よく芯まで火を通す火加減や落し蓋(ぶた)の使い方を勉強します。

  • 焼く

    塩焼き、照り焼きに加え、壺焼き、たまご焼きなどの焼き物を通して、食材の下処理、串の打ち方、焼き方を勉強します。

  • 蒸す

    実習で多くの蒸し物料理を経験し、火加減、時間、食材を考慮し、中まで火が入ったところで調理を終えるタイミングをつかみます。

  • 揚げる

    扱う食材によってふさわしい衣の濃度や油温度の見極め、油の量や食材を入れるタイミングなどを実習を通して習得します。

  • 生食

    出刃包丁や柳包丁を扱い、魚介類の旨味と鮮度を逃さないように、手早くかつ正確な調理技術を習得します。

京料理を極められる専門授業

京料理とは野菜や乾物類、大豆加工食品などを中心とした京都の独特の風土が生み出した料理

京野菜は京都という「穏やかな気候」と「栄養豊富な土」といった野菜の栽培に適した風土とともに育まれてきました。 京都調理師専門学校では、京都の水で出汁(だし)をとり、京都の地で栽培された京野菜を扱い、1200年の伝統ある京料理を勉強することができます。

会席料理

京料理の会席料理の仕込みから仕上げまでの段取りについて学び、季節感とバランスのとれた盛りつけについて理解を深めます。

京のおばんざい
・郷土料理

京野菜をはじめとした旬の食材の取り扱いと下処理の技術を身につけ、素材のよさを活かした調理法、盛りつけを学びます。

京料理文化学

~器・お茶・お花を学ぶ~
京料理における器の種類や歴史などの基本知識について学習するとともに、お茶のたて方やお花の種類と基本的な生け方を習得します。

和菓子

和菓子の代表的な素材である豆類や粉類の扱い方やその特徴を理解し、和菓子作りの技術を習得。調理器具や特殊器具の取り扱いについても学習します。

ふぐの調理

ふぐ処理師免許試験の合格に向けた授業。少人数制での対策授業や模擬テストも実施され、京都府平均合格率を大きく上回る実績を残しています。

寿司

料亭や割烹に就職しても通用する技術と知識を習得する京料理専門調理実習。寿司やすっぽん料理、うどんなど、より高度な調理技術を身に付けます。

京調ならでは

和食・日本料理だけを2年間しっかり学べる

レストラン実習

和食・日本料理上級科の学生が調理、接客、運営する日本料理店「京味鶴 藤」。お店の立ち上げから、調理、接客まで、あらゆる技術を学びます。

詳しく見る

新しいキャンパス-新施設・新設備!

調理の専門学校として世界へ誇れる大スケールの施設をもつ、京調の太秦キャンパスが2018年4月についに開設。これまでとは一線を画した最先端の教育システムが京調にはあります。

詳しく見る

カリキュラム 和食料理人/日本料理人になるための2年間のカリキュラム

1年次

和包丁の使い方から本格日本料理まで習得

  • 調理の基礎を学ぶ
  • 応用技術を身につける
  • 調理技術の質を高める

1年次授業からピックアップ

前期: 調理の基礎を学ぶ(4~8月)
日本料理基本技術実習

片刃包丁の取扱い方と各種包丁の研ぎ方を身につけ、桂むき、野菜の切り方、魚の卸し方など、日本料理に必要な包丁技術を習得します。また、だし巻き玉子を通じて基本的な加熱調理、火の取扱いについて学習します。

後期1: 応用技術を身につける(9~12月)
日本料理応用調理実習

会席料理の献立の中から調理五法別(煮る・焼く・蒸す・揚げる・生食)に特化して調理技術を習得すると共に、器に合わせた盛りつけを学習します。それぞれの調理法別に学ぶ事で、素材によって異なる処理方法や加熱調理法についての理解を深めます。

後期2: 調理技術の質を高める(1~3月)
京料理専門調理実習2

基本・応用調理で身につけた知識、技術を踏まえ松花堂弁当や季節の会席料理を通じて専門的な調理と仕込み、仕上げに分けたより実践的な調理技法を習得します。

2年次は日本料理レストランで行列を作る!

レストラン実習という本格的な実習で
日本料理をマスターする。

2年次授業からピックアップ

学生が中心となって調理、接客、運営!
日本料理レストラン実習

実際に一般のお客さまをお招きし、昼会席・夜会席を提供し、サービス、調理、会計の一連の流れを学習します。季節に合わせた献立構成での運営を通じて各調理法を習得し、サービスにおいては、お客さまの注文に合わせた調理場との連携、接客技法を習得します。

繰り返し調理し、料理の完成度を高める!
日本料理オペレーション実習

レストラン実習の献立から京野菜をはじめ、季節ごとの旬の食材の下処理や調理法を学び、素材に合わせた代表的料理と四季の日本料理を習得します。レストラン実習で実際にお客さまに提供する料理を繰り返し実習することにより完成度を高めます。

繁盛店を運営する力を身につける!
レストラン経営学

実践的な観点から飲食店を経営するために必要な知識、業態の特徴、資金運用についての知識を習得。経費と利益のバランスを考えるコストコントロールや、魅力ある店にするためのインテリア、レイアウトなども具体的に学び、将来の可能性を広げます。

取得できる資格

卒業と同時に取得できる4つの資格

Wライセンス「調理師+製菓衛生師」

ライセンス進学コース / 製菓通信併用制度

調理師免許に加えて、製菓衛生師免許を身につければ、就職のチャンスは大きく広がります。姉妹校に京都製菓製パン技術専門学校を持つ京調。京調に通いながら受講する製菓通信プログラム。または京調を卒業してからの内部進学プログラム。同じ校舎だから通いやすく、自分のスタイルに合わせてWライセンスを取得することができます。

詳しく見る

さらに資格取得にチャレンジ!

―トリプルライセンス―
ふぐ処理師免許(公的資格)製菓衛生師免許(国家資格) など多数

めざせる資格一覧

めざせる進路

食の本場・京都ならではの老舗料亭や有名レストラン、格式高いホテルで毎年多くの学生が就職しています。京調が毎年高い就職率を誇る理由は、充実した就職サポート制度と在学中に現場を経験できるインターンシップ制度があるから!

就職進学決定率100% 求人倍率約35倍 専門就職率99.1%

就職実績を見る

夢を叶えた先輩の声

瓢亭 副料理長

高畠 克員さん

和食のプロになることを夢見て、京都での就職に強い京調へ入学した私は、大好きな料理の勉強に夢中で取り組みながら、料亭でアルバイトをしていました。そのアルバイトは求人が出ていたわけではなく、お店から京調の先生へ直接相談があり、先生が私に声をかけてくださったというもの。1年半のアルバイト期間を経て、私はそのお店への就職を希望し、実現しました。あれから約20年が経ちましたが、今もそのお店「瓢亭」に勤め、副料理長を任されています。京調には、技術を指導するだけではなく、業界とつながりのある頼れる先生がたくさんいらっしゃいます。そんな先生方との関係は、卒業した今でも続いています。私は、京調での出会いを大切に、「お客さまに喜んでいただきたい」という初心を忘れず、これからも料理と向きあっていきたいと思っています。

和食のプロになることを夢見て、京都での就職に強い京調へ入学した私は、大好きな料理の勉強に夢中で取り組みながら、料亭でアルバイトをしていました。

続きを見る

そのアルバイトは求人が出ていたわけではなく、お店から京調の先生へ直接相談があり、先生が私に声をかけてくださったというもの。1年半のアルバイト期間を経て、私はそのお店への就職を希望し、実現しました。あれから約20年が経ちましたが、今もそのお店「瓢亭」に勤め、副料理長を任されています。京調には、技術を指導するだけではなく、業界とつながりのある頼れる先生がたくさんいらっしゃいます。そんな先生方との関係は、卒業した今でも続いています。私は、京調での出会いを大切に、「お客さまに喜んでいただきたい」という初心を忘れず、これからも料理と向きあっていきたいと思っています。

竹屋町竹久 主人

竹下 和宏さん

京調は、調理の専門技術を学ぶうえで、ちょうどいい規模の学校だと思います。実習が少人数制なので、先生から個別に見てもらえて、指導してもらえます。それは私が京調を選んだ理由のひとつでもあります。また、京都の料亭をはじめとする料理業界とつながっている京調は、就職に直結。私も卒業後は数店で経験を積み、現在は独立して自分の店を経営しています。お客さまがリピートしてくださると本当にうれしく誇りに感じますね。京調からはじまった調理師という仕事。人に喜んでもらえる素晴らしい仕事を、皆さんにもぜひ、めざしてほしいと思います。

京調は、調理の専門技術を学ぶうえで、ちょうどいい規模の学校だと思います。実習が少人数制なので、先生から個別に見てもらえて、指導してもらえます。

続きを見る

それは私が京調を選んだ理由のひとつでもあります。また、京都の料亭をはじめとする料理業界とつながっている京調は、就職に直結。私も卒業後は数店で経験を積み、現在は独立して自分の店を経営しています。お客さまがリピートしてくださると本当にうれしく誇りに感じますね。京調からはじまった調理師という仕事。人に喜んでもらえる素晴らしい仕事を、皆さんにもぜひ、めざしてほしいと思います。

BLOG

オープンキャンパスご案内

和食・日本料理上級科についてもっと詳しく知りたい方は、オープンキャンパスに参加しよう!

京調のオープンキャンパスはこんな方にオススメ!

  • 実習を体験してみたい
  • 就職状況・入学方法を知りたい
  • 特待生・奨学金の説明を聞きたい
  • 家族の方と説明を聞きたい

オープンキャンパス 詳しくはコチラ

このページのTOPへ