調理師専門学校の夜間部の実際は?

調理師専門学校の夜間部ってどんなところ?

京都調理師専門学校の夜間部でアルバイトをしながら、日々料理について学んでいるよる助です。京都調理師専門学校に興味をもたれる方は、学生さんが多い印象ですが、私のようにアルバイトをしながら、専門学校で料理を学びたいという方もいるでしょう。

働きながらだと、本当に調理の勉強に集中できるか、いろいろな不安があるかもしれません。そんな方に、京都調理師専門学校に入った経緯や夜間部の魅力、入ってみて大変だと感じたことをお伝えできればと思います。

調理師専門学校の夜間部に通っています!

私は現在28歳で、以前は配送業に就いていました。朝から夕方まで、お客さまのもとに荷物を届ける日々の中で、ある日、ふと“自分には、この仕事が向いていないかもしれない……。”と感じるようになりました。このまま配送業を続けても明るい未来が描けなかったので、思いきって退職することにしました。

その後、高校時代に少しだけ興味をもっていた料理の世界で、生きていけないかと考えるようになりました。なぜなら、手に職をつけ、人に喜んでもらえる調理師は、仕事として非常にやりがいがあると感じたからです。

とりあえず生活費が必要なので、アルバイトを始めて、調理について勉強をはじめました。そのアルバイト先で、京都調理師専門学校の夜間部の存在を知り、教育訓練給付金の制度による後押しもあって、入学を決意しました。平日は、アルバイトをしていますが、私のような生き方をしている人間にとって夜間部は、最適な選択だったと思います。

調理師専門学校の夜間部のいいところ

私が京都調理師専門学校の夜間部に入学して良かったなと思う点は、日中のアルバイトで稼いだお金を学費にあてられることです。もともと、配送業の仕事もしていましたが、そこまで給料が良かったわけではありません。

そのため、生活費を稼ぎながらでなければ、調理の勉強はできませんでした。京都調理師専門の夜間部は、授業時間が18:15~21:25までなので、朝から昼までアルバイト先で働いて、夕方から授業を受けることができます。1日3時間の授業で、いろいろな世代の人と一緒に学習するため、以前よりも交友関係が広くなりました。入学するまでには非常に勇気がいりましたが、その決断ができてよかったです。もし、あの時決断ができていなければ、きっと大きな後悔をしていたと思います。

皆さん、いろいろな境遇の上で今は調理師という同じ目標に向かっているため、世代関係なく、アットホームな雰囲気があります。これも、自分にとっては本当に良かったです。

年齢が離れていて、学校で友達ができるかなと不安を抱えている人でも大丈夫です。きっと気の合う仲間が見つかります。私でも友達ができたのですから、あなたも入学すれば、きっと楽しいことが待っています。

調理師専門学校の夜間部の大変なところ

京都調理師専門学校に入学して、大変だったこともお伝えしておきましょう。

やはり、日中アルバイトをしながら、夜は調理師になるための勉強をしていますので、昼間の生活との両立はちょっと大変でした。

でも、講師の方や、夜間部でできた友達が助けてくれるので、なんとか頑張れています!どんな仕事をするにしても、最初は大変だと思います。それは、調理師の世界でも一緒です。

お客さんの前に出てから基礎的なことで失敗することの方が、学生よりもずっと恥ずかしいこと。今のうちにたくさん失敗をしながら、京都調理師専門学校でたくさんのことを学び、経験を積んでいきたいと思います。

もし、働きながら調理師免許を取得して仕事に就きたいと考えているのなら、京都調理師専門学校に入学してみませんか?まだ、昼間の仕事先が決まっていないのなら、学校で昼間のアルバイト先の紹介もしてもらえます。私も働きながら学んでいます。一緒に頑張りましょう!