【京調生紹介】調理師科 京都製菓⇒京調のWライセンス♪

今回は調理師科のWライセンスを目指す学生にインタビュー♪

第8回目は調理師科の鳥取県八頭高校出身で去年京都製菓技術専門学校に通っていたY・Fさん

0003

 

オープンキャンパスで学生スタッフとして活躍している学生です(右端)わーい (嬉しい顔)

0026

去年1年間京都製菓に通い、この4月から京調に通っています。

 

そして京調在学中に製菓衛生師の試験を受験し、見事に製菓衛生師の免許を取得しましたうれしい顔

数ヵ月後には調理師免許も取得予定うれしい顔 指でOK

それではインタビュースタートるんるん (音符)

調理師やパティシエになろうと思ったきっかけは?

家族や友達に自分の作った料理やお菓子を食べてもらうのが好きで、もっと作りたい、食べてもらいたいと思ったからです。

 

なぜWライセンスを取ろうと思ったんですか?

2年で製菓衛生師と調理師免許が取れると知り、就職活動や日々の料理の幅が増えると思ったからです。

製菓から通ったのには理由がありますか?

製菓を卒業した際に国家試験の受験資格をもらうことができ、調理に通いながら試験の勉強をして受験することができるからです。

得意料理は?

得意なのはパウンドケーキです。

幼い頃から作っおり自分の好きな配合に変えることがとても楽しく、新しい発見にもなります。

 

思い出ごはんは?

母の作るコロッケです。

味は3種類あり形を変えて見分けています。

コロッケは母の作ったものが1番好きなのでいつも楽しみにしています。

 

将来の夢は?

料理もできるパティシエになることです。

ショーケースの中でキラキラ輝いて見えたケーキを今度は自分で作りたいです。

img_1705

一人暮らしをしながらアルバイトをして製菓と調理の学校のWライセンスに挑戦しているFさん。

毎日キラキラしていてとっても素敵な学生ですうれしい顔

オープンキャンパスの学生スタッフもしてくれているので

Wライセンスのことや一人暮らしのことなどなんでも聞いてみてくださいねウィンク

dsc01124

お待ちしておりますわーい (嬉しい顔)

オープンキャンパスお申込みはこちら