調理師の専門学校、学費ってどうなっているの?

調理師専門学校の学費って?

京都調理師専門学校の夜間部に入学した、よる助です。現在、28歳ですが、専門学校に入学する際、1番困ったことは、入学に必要な学費をどうするか、ということです。意外と悩んでいる人って多いと思います。私もその1人でした。今日は、調理師の専門学校の学費について、私が入学前にどのように考えていたのかお伝えします。

調理師の専門学校、決めては学費?

京都調理師専門学校に入学するほんの少し前、アルバイト先の先輩から「教育訓練給付制度」の存在を教えてもらいました。初めて聞いたときは、「どんな制度だろう?」と思い、帰宅後すぐに教育訓練給付制度について勉強しました。もし、専門学校に通うための学費が少しでも抑えられるのなら、これほどラッキーなことはありません。貯金をしっかりと貯めた状態で辞めたわけではなかったので、できることなら利用したいと感じました。

ところで、そういった給付制度があるということを、学校や周囲の人から教えてもらったことはありますか?もし初めて聞いたというのであれば、調理師免許を取得するのに便利な制度なので、絶対に知っておいた方が良いですよ。

ちなみに、調理師に限らずですが、「手に職」の学科はすべて「教育訓練給付制度」の対象になります。「そんな制度聞いたことがないよ!」という方もいると思いますので、簡単に説明しますね!

教育訓練給付制度とは、これから働く人の能力開発や雇用の安定、再就職を促す給付支援制度のことです。例えば、この制度を京都調理師専門学校で利用すると、あとからですけど、学費が戻ってくるんです。条件さえ合えば、この制度の利用を考えてみてはどうでしょうか。もしかすると、入学費用を大幅に抑えられるかもしれません。

調理師になるため、専門学校の学費を自分で稼ぎたい

これだけ、教育訓練給付制度の説明をしたのだから、「京都調理師専門学校の入学時に給付制度を利用したんですよね?」と、思われている人もいるかもしれません。でも実は、教育訓練給付制度の条件を満たしておらず、私はこの制度を利用できませんでした。

残念ながら、教育訓練給付制度は、どんな人でも利用できるわけではありません。そもそも、夜間部は、給付の対象外です。そして、私は雇用保険に入っていたのが3年未満なので、専門学校で学ぶ学費は、1円も給付されません。

しかし、悩んだところで仕方ないので、自分で何とかしたいと思い、働きながら学べる夜間部を選択して、自分で学費を稼ぎながら、専門学校に通っています。

残念ながら私はこの制度を利用できませんでしたが、利用できる人は結構多いのかもしれません。条件が合うかどうかを確認して、ぜひ利用することを考えてみてください。

調理師専門学校 学費の納め方はいろいろ

調理師免許を取得するため、専門学校に入学しましたが、学費の納め方は、コースによってさまざまです。たとえば、京都調理師専門学校では、下記のどのコースを選ぶかによって、学費の納め方が変わります。

・[2年制]和食・日本料理上級科、フランス料理上級科、イタリア料理上級科

・[1年制]調理師科

・[1.5年制]調理師科夜間部

1回ごとに納める専門学校への学費も異なるため、そういったことを検討しながら、調理師免許の取得を目指すのもアリだと思います。ちなみに、調理師科夜間部では、最終学歴が中学校卒業の方に対して、総額178,200円が国から支給されます。

これも、全額受給には条件がありますが、そういった制度について知っておけば、調理師専門学校のコース選びも変わってくるのかもしれません。学費も、分割制のところもありますが、全納に対応してくれるところもあります。

専門学校の学費って、自分の夢をかなえるための投資だと思うのです。決して安いものではないですけど、その先にはきっとたくさんのスキルがついてきます。学費の集め方や納め方、そういうところも考えながら、学校選びをしてください。

もし、昼間は働いてお金を稼ぎながら専門学校に通いたいという人は、私と同じ夜間部で勉強しましょう!