クリスマスとは?由来や定番・オススメ料理をご紹介!

クリスマスとは?由来や定番・オススメ料理をご紹介!

クリスマスの夜は、家族で食卓を囲み楽しくお祝いをする家庭も多いのではないでしょうか。そんな特別な夜の一番の楽しみは、美味しいクリスマス料理です。

クリスマス料理というと、どのような料理をイメージしますか?年に1度のイベントということもあり、家族や大切な人のために豪華でスペシャルな料理を作りたいですよね。

今回は、クリスマスとは、どのようなものなのか、その由来や起源、さまざまな種類の定番・オススメ料理についてお伝えします。

クリスマスの料理が作られる由来や起源とは?

クリスマスが近づくとパーティをするというイメージがありますが、そもそもクリスマスとは、どのようなことを記念する日なのでしょうか。クリスマスの料理について知る前に、クリスマスの由来や起源についてご説明します。

クリスマスとは?

クリスマスには、今から約2,000年前、12月25日にイエス・キリストが誕生したことをお祝いするという意味があります。クリスマスの日付を12月25日としていますが、イエス・キリストが生誕したという明確な記録が残っているわけではないため、その詳細はわかりません。

そして、クリスマスのことをイエス・キリストが誕生した日と解釈する人もいれば、救世主として降誕した日と考え、誕生ではないと唱える人も存在しており、その解釈は人によってさまざまです。

起源や由来

クリスマスは、英語でChristmasと書きます。Christ(キリスト)とmas(ミサ)という英語が語源となり、クリスマスと呼ばれるようになりました。尚、キリスト教におけるミサとは、礼拝のことを意味します。

12月25日がクリスマスとなっているのには、冬至の祭りが大きく関係しています。冬至の祭りは、古代からおこなわれており、当時のローマ帝国では、冬至を境に日照時間が長くなることから、それを太陽の復活としてお祝いをしていました。

なぜ、日照時間が長くなることをお祝いするのかというと、太陽を神と崇める太陽信仰では、秋から冬にかけて日照時間が短くなると死期が近づいていると恐れられていたからです。やがて、この冬至の祭りが、「世の光」と呼ばれていたイエス・キリストの誕生日としてお祝いされるようになったと言われています。

クリスマス・イブの正しい意味について

皆さんは、クリスマス・イブというと、クリスマスの前日のことだと思っていませんか?クリスマス・イブとは、英語ではChristmas Evening、つまり、クリスマス・イブとは、クリスマスの晩という意味なのです。

私たちの暦は、夜中の12時を境に日付が変わりますが、キリスト教の暦は、日が沈むことで日付が変わります。つまり、日が沈むことで新しい1日がスタートするのです。

ですので、クリスマスは、24日の日が沈みはじめる夕方4時すぎから25日の夕方までを指しています。そのため、12月24日は、クリスマスの前の日ではなくて、クリスマスが始まっているというわけなのです。

私たち日本人にとって、クリスマスといえば、楽しい夜というイメージが大きいですが、25日にお祝いされるようになった由来や、キリスト教における暦の考え方など、今回初めて知った人も多いかもしれませんね。

子どもも楽しめるクリスマスの定番・オススメ料理

クリスマスには、深い歴史があることがわかりました。一同が食卓に集まってパーティをするご家庭も多いことでしょう。その時は、子どもから大人まで楽しむことができるクリスマス料理を囲んで楽しく過ごしたいですよね。

料理人としてお客さまに食事を提供するのであれば、クリスマスレシピを考案して、おいしい料理をふるまうこともあるでしょう。ここでは、大人まで楽しめるクリスマスの定番・オススメ料理についてご説明します。

カルパッチョ

クリスマスディナーを豪華にしてくれるお料理のひとつとしてお勧めなのが、お刺身のカルパッチョです。カルパッチョとは、薄く切ったお刺身にオリーブオイルをかけたイタリア料理のことです。前菜として提供されることが多く、味のアクセントに香草が加えられることがあります。

クリスマスでは、どのようなお魚をカルパッチョにするべきか迷いますが、タイやサーモンが入手しやすくおすすめです。どうしてもお魚を手に入れることができなければ、ホタテなどの貝類でも豪華なカルパッチョが簡単に作れます。

ローストチキン

クリスマス料理として日本でも定番になっている料理に、ローストチキンがあります。アメリカでは、七面鳥が定番とされています。理由は諸説ありますが、1つには、17世紀にイギリスからアメリカへ移り住んだ移住民が飢えをしのぐために先住民から七面鳥を贈られて生き延びることができたと言い伝えられており、その以来、七面鳥が縁起物とされ、クリスマスに食べられるようになりました。

では、なぜ日本では、七面鳥ではなくローストチキンが定番料理になっているのでしょうか?それは、日本では七面鳥の入手が困難だからです。日本のスーパーでは、ほとんど流通しておらず、手に入りません。そして、もし七面鳥を入手できたとしても、丸焼きできるような大きなオーブンが日本の家庭には少ないことも、ローストチキンがクリスマス料理の定番としてふるまわれるようになった理由なのです。

コールスロー

クリスマス料理として、野菜を細かく刻んだコールスローをふるまえば、お口直しの料理として子どもから大人まで、大変喜ばれます。コールスローとは、キャベツを細かく切って作ったサラダのことで、ニンジンなどと一緒にシンプルなドレッシングで和えたものです。

コールスローは、大きなビンに入れて保存ができるため、最近では、時短レシピとして注目を集めています。クリスマスの前の日から作って用意しておけるので、便利ですよね。

手巻き寿司

和食ですが、酢飯と海苔と具材があれば、ワイワイ楽しく自分の食べたいものを選んで作れるのが人気のヒミツです。具材としては、卵焼きやキュウリ、カニカマ、ツナマヨネーズ、お刺身といったところから、好みによって、唐揚げや焼いたソーセージを入れても良いですね。

ちらし寿司

クリスマスイベントで、生まれたばかりの小さな子どもが参加するということもありますよね。小さな子どもは、自分で手巻き寿司をうまく作ることができません。このような場合は、手巻き寿司ではなく、ちらし寿司にしてあげると食べやすいでしょう。

料理人として、このような心遣いができると、招待されたお客さまにも喜んでいただけますし、子どもも大人もクリスマスを楽しめます。その際は、子供が好きな具材をヒアリングしておき、具材として入れておくと良いでしょう。

チーズフォンデュ

具材はゆでた野菜やウィンナーなど。洋風文化なのでクリスマスイメージにも合いますし、色とりどりの具材から選んでチーズをつけるという食べ方はパーティでも盛り上がります。

チーズもさまざまな種類がありますから、途中で味わいを変えてみるのも良いですね。

チョコレートフォンデュ

クリスマスのデザートのひとつとして、チョコレートフォンデュを用意してみるのはいかがでしょう。板チョコレートとイチゴ、バナナ、一口サイズのパンなど購入すれば、自宅でも簡単にふるまえます。

お皿にオシャレに盛り付ければ、パーティの雰囲気も一気に盛り上がるでしょう。

クリスマスの定番のケーキ料理とは?

クリスマスのお祝いには、ケーキが欠かせません。ここでは、クリスマスにケーキを食べる理由や日本で人気のクリスマスケーキについてご説明します。

日本でクリスマスケーキを食べる理由

当時、イエス・キリストの生誕をお祝いする際、バースデーケーキが食べられていました。それが、今ではクリスマスケーキとなり、多くの人々に楽しまれるようになりました。日本人がクリスマスケーキを食べるようになった理由は、不二家創業者の藤井林右衛門さんが大正元年にアメリカへ修行をしたことが大きく関係しています。

彼が修行中に出会ったイチゴのショートケーキを日本人好みの味に改良したことで、多くの国民に親しまれるようになりました。その後、関西や関東、名古屋を合わせて50店舗でクリスマスケーキが販売されたことにより、クリスマスにイチゴのショートケーキを食べることが定番となっていったのです。

日本で人気のクリスマスケーキ

現在、日本では高級チョコレートケーキや高級ホテルのケーキに注目が集まっています。私たちが家庭で作るようなケーキではなく、形状やスタイルが個性的で、非常にバラエティにあふれています。

キャラクターのデコレーションケーキや3Dの立体的なケーキなども人気があります。また、いつものケーキとは違ったものを食べてみたいという方にはフルーツタルト状のクリスマスケーキや、アイスケーキなど、日本におけるクリスマスケーキは味も形もバラエティに富んでいます。

海外で人気のクリスマスケーキ

日本と海外では、クリスマスに食べるケーキが異なります。海外ではケーキを食べることもありますが、パンを食べることが多いようです。

◆シュトーレン:ドイツでは、ブランデーやアルコールに浸しておいたドライフルーツの入ったシュトーレンと呼ばれるパンを食べます。甘く細長いパンですが、日持ちがするため、ケーキやお菓子として食べられています。

◆パネトーネ:イタリアでは、レーズンなどのドライフルーツが生地の中に入ったドーム型のパネトーネと呼ばれるパンを食べます。ジャンルとしては、シュトーレンと非常に類似しています。

◆ブッシュ・ド・ノエル:フランスでは、丸太のようなケーキを食べます。なぜ、クリスマスケーキが木の形状をしているのかについては諸説あるようですが、クリスマスはキリストの誕生日ということもあり、キリストが生まれたことを祝って、赤ちゃんが風邪をひかないように暖炉に薪をくべておいたことに由来するそうです。ブッシュは、木や丸太、ノエルには、クリスマスという意味があります。

いかがですか。このようにクリスマスケーキの種類や、その由来も、海外と日本では大きな違いがありますね。

クリスマスの定番・オススメ料理を作るために腕を磨くには?

日本のクリスマス文化に、クリスマスケーキは欠かすことができないほど人々に浸透しています。料理もバリエーション豊かに楽しまれています。

さて、京都調理師専門学校では、料理はもちろん、デザートまで幅広く学ぶことができます。

いずれ自分のお店を持ちたいという方も、まずは希望のお店に就職して修行して腕を磨きたい、という人も多いでしょう。

京都調理師専門学校は、少人数制で、先生との距離も近く、講師と話がしやすいです。就職のために、キャリアアドバイザーもサポートしてくれます。就職進路決定率が毎年とても高いおとが特長です。有名企業で活躍している卒業生も多いです。

皆さんも、夢を叶えるために、京都調理師専門学校で一緒に学びませんか。

お役立ち知識&コラム
このページのTOPへ