イタリア料理人(イタリアンシェフ)になるには

イタリア料理人として働く、活躍フィールド
  • リストランテ
  • トラットリア
  • タベルナ
  • バール
  • ピッツェリア(ピッツアの専門店)
  • スパゲッティリア(スパゲッティの専門店)
  • イタリアンカフェ

プロからのメッセージ イタリア料理人になりたいあなたへ

イル ギオットーネ オーナーシェフ 笹島 保弘さん

イル ギオットーネ オーナーシェフ 笹島 保弘さん

地元の食材を使うという発想

イタリア料理では、ミラノやナポリなど、その地域ごとに特色があります。地域が変われば、採れる食材も変わる。つまり、その地で採れた食材を使って、その地ならではの料理をつくるという発想です。それは、京野菜をはじめとする豊富な食材がある京都でもできること。私が経営するイル ギオットーネでは、「もしイタリアに京都州があったら」という発想で、京都だからつくれるイタリア料理をつくっています。

―めざすあなたにメッセージ「知識を深めて発想を広げよう!」

歴史のある京都では、伝統的な食文化や、おもてなしの文化にふれられる機会も多くあります。ただイタリア料理だけを勉強するのではなく、京都で、和食についても知識を深めて発想を広げれば、イタリア料理の道へ進む上でも大きなプラスになると思います。

卒業生からのメッセージ

卒業生写真1

自分のやりたい道を進みつづける

卒業生写真2

調理だけでなく経営の一翼を担うことも

イル ギオットーネ スーシェフ 下司 真也さん
【2002年卒業】(京都府/桃山高校出身)

自分がやりたいことへ向かって、必死に努力できる人。この仕事はしんどいこともありますが、自分がやりたいことに正直でありつづけ、進みたい道を信じて高めていくことが大切だと思います。ただプロになるというだけではなく、努力の先にある高いレベルをめざしてがんばってほしいと思います。

イル ギオットーネ
イル ギオットーネ
京都府京都市東山区下河原通塔の前下ル八坂上町388-1
075-532-2550
http://www.ilghiottone.com/

イタリア料理人の舞台裏

  • 11:00 オープン ランチスタート
  • 14:00 ランチ終了後、ティータイム
  • 16:00 ティータイム終了
  • 17:00 ディナースタート
  • 21:00 ラストオーダー、片付け次第終了

※一例です。

  1. パスタ担当(3年目~)
  2. メイン担当(3年目~)
    ※パスタ担当とメイン担当は交代制。
    ※年齢や経験ではなく技量によって担当が決まる。
  3. 前菜・デザート・ホール担当(1~3年目)
    ※交代制で担当。
    ※デザートは材料の計量など、段取りを覚えられるので、主として1年目が担当。

※一例です。

京調でイタリア料理人を目指すなら

調理の世界をのぞいてみよう!