七草粥を食べる理由とは?

七草粥を食べる理由とは?

「七草粥」といえば、お正月が終わった頃に食べる、色々な葉っぱの入ったお粥ですよね。昔から正月7日は、人日の節句(じんじつのせっく)の日として、七日正月とも呼ばれており、多くの家庭で七草粥が食べられています。しかし、なぜ1月7日に七草粥を食べるのでしょうか?

今回は、七草粥の由来や食べる理由、材料の入手方法についてお伝えします。

七草粥の由来や種類とは?

おいしい七草粥を作りたい!と思ったら、まずは、起源や由来から知っておきましょう。

最初に抱く疑問は、「なぜ七草粥が食べられるようになったのか」という点ではないでしょうか。正月7日に七草粥を食べることで、どのような効果があるのでしょうか。

起源や由来

まずは、七草粥と深い関係のある「五節句」について。

節句とは、1年に5回だけ存在する季節の節目のことです。七草粥を食べる1月7日は、五節句のひとつであり、人日の節句の日と呼ばれるものです。五節句の日付は、下記のことを意味しています。

つまり、1月7日は1年のうちで最初の節句、「人を大切にする」という意味を持つ「人日」という節句です。はるか昔には、「この日だけは犯罪者を処罰しない日」として、存在していたと言われています。

唐の時代では、人日の日には七種菜羹(ななしゅさいのかん)と呼ばれる、七種類の野菜が入った汁を食べて、無病息災を願ったと言われています。日本にはその後の平安時代になって、この七種菜羹という風習が伝わってきたといわれています。その結果、七種菜羹と、元々日本にあった「若菜摘み」という風習が融合し、七草粥を食べる文化が浸透していきます。

そして時は流れ、江戸時代になると、幕府が人日の日のことを「人日の節句」として、1年間のイベントとして取り入れたことにより、1月7日に七草粥を食べる文化が確立されたのです。

食べる理由

七草粥を食べるのには、2つの理由があります。

無病息災とは、病気をしないこと、何事も達者なことを意味する言葉です。他にも、災害や病気などの災いを防ぐという意味をもっています。

1月7日に七草粥を食べるのは、青菜の摂取が不足しがちな時期に、しっかりと体に取り入れるためでもあります。さらに、お正月のごちそうで疲れた胃腸をいたわるためという説もあります。現在では、この意味合いで多くの人に広まっているのではないでしょうか。

また、健康長寿とは、いつまでも健康で長生きする、という意味の言葉です。江戸時代は、現在よりも寿命はずっと短く、どうすれば健康でいられるか、長生きするための生活とは何かなど、今よりも色々なことが分かっていない時代でした。その中でも「健康でありたい、長生きしたい」という意味を込めて七草粥を食べたということは、それだけ当時の日本人にとって「体に優しい」「健康的」な食事と捉えられていたのではないでしょうか。

種類や得られる効果

七草粥には、いわゆる「春の七草」と呼ばれる野菜や野草が入っています。では「春の七草」とは一体どのようなものを指すのでしょうか。

現在ではあまり使われない呼び名のものありますが、これら七草はそれぞれに意味や効能があります。

■芹(せり)

芹には、「新芽がたくさん競り合って育つ」という様子から、勝負に「競り」勝つという意味合いが込められています。胃を丈夫にする効果や解熱効果、利尿作用、整腸作用、食欲増進、血圧降下作用などの効果があるといわれています。

■薺(なずな)

薺(なずな)とは、現代でいう「ぺんぺん草」のことです。薺には「撫でることで汚れを取り除く」という意味合いが込められています。解毒作用や利尿作用、止血作用、胃腸障害やむくみに効果があるといわれています。

■御形(ごきょう)

御形とは、現代でいう「母子草(ははこぐさ)」のことです。これには、仏の体という意味合いが込められています。咳や痰、のどの痛みに対して効果があるといわれています。

■繁縷(はこべら)

繁縷(はこべら)は、「はこべ」とも呼ばれています。これには、「繁栄がはびこる」という意味合いが込められています。また、昔から腹痛薬として使用されており、胃炎や歯槽膿漏に効果があるといわれています。

■仏の座(ほとけのざ)

仏の座(ほとけのざ)は、子鬼田平子(こおにたびらこ)とも呼ばれています。葉が地を這うように伸び、中心から伸びた茎に黄色い花を付けます。これには、仏の安座という意味合いが込められていますが、胃の健康を促し、歯痛や食欲増進などの効果があるといわれています。

■菘(すずな)

菘(すずな)とは、現代でいう蕪(かぶ)のことです。これには、神を呼ぶ鈴という意味合いが込められています。菘は、胃腸を整え消化を促進し、しもやけ、そばかすにも効果があるといわれています。

■蘿蔔(すずしろ)

蘿蔔(すずしろ)は、現代でいう大根のことです。これには、「汚れのない清白」という意味合いが込められており、美容や風邪に効果があるといわれています。

このように、それぞれの野菜に意味が込められており、体の健康を促す効果が期待されています。七草粥を作る際は、薺(なずな)は花芽を持つ前の若芽を、菘(すずな)と蘿蔔(すずしろ)は葉の部分を使用します。

 

ところで、「七草粥」が日本の文化や風習として確立されたと考えられる江戸時代は、現代とは暦が違う、ということにお気づきでしょうか。現代は「人日の節句」は1月7日ですが、当時の1月7日は現代の2月初めとなります。

現代の2月初めといえば、一年のうちでもっとも寒い時期ではありますが、春の七草であるこれらの野菜や野草も、本来の成長の時期をずらして栽培することが出来ます。しかし江戸時代の頃はそのような技術は無かったはずですから、当時の人々は春の七草を集めるのに、とても苦労したのではないかと考えられます。

大変な努力をして集めた春の七草を食べることで、健康になりたい、長生きしたい、病気の無い強い体を作りたいと、強く願っていたのではないでしょうか。

七草粥に必要な春の七草の入手方法

七草粥の成り立ちや意味が分かったところで、今度は実際に七草粥を作ってみましょう。でも、そもそも春の七草は、どのように入手すれば良いのでしょうか。ここでは、春の七草の入手方法をご説明します。

七草粥セットを購入する

毎年、1月7日が近付くと、スーパーで七草粥セットと呼ばれるものが販売されます。七草粥セットには、春の七草が入っています。

春の七草のうち、菘(すずな)や蘿蔔(すずしろ)は、野菜として購入することはできますが、それ以外の野草ともいえる植物は、自然の中で探すことは困難です。現代人の知恵として、「七草粥セット」の利用は、賢い選択といえます。

ネット通販でフリーズドライのものを購入する

最近は、インターネットでもフリーズドライされた春の七草が売られるようになりました。フリーズドライとは、真空凍結乾燥技術のことで、冷凍乾燥や凍結乾燥ともいいます。この方法なら、指定日に自宅に送り届けてもらえるので、手間がかかりません。

自分で摘む

それでも自分で集めてみたい!という方は、七草粥に入れる春の七草を自分で摘むという方法もあります。特に、自然豊かな環境に住んでいる方であれば、自分で摘める可能性は高いかもしれません。

ただし、時期的にすべてが自然の中に存在していない可能性も考えると、集まらなかった野菜(野草)についてはスーパーで購入しましょう。

尚、自分で七草を集める場合は、衛生状態に注意しながら集める必要があります。

 

いかがですか。このように七草粥の入手方法は複数あります。

なお、菘(すずな)と蘿蔔(すずしろ)以外は、庭や田畑などを見渡して、自分で採取する方もおられるかもしれませんね。そのような場合、どのような場所で、どのように成長している野草なのか、自分の目で確認できるのがとても良いですね。

きっと、自分で摘んだ春の七草で作った七草粥は、想像以上においしいですし、昔の人の食に対する思いを、伺い知ることが出来るかもしれません。効果効能についても考えながら作れば、自分の体に染み渡る感覚を、味わえるのではないでしょうか。

今回のように由来について知る事も、七草粥の味わいをきっと深めてくれることでしょう。

お役立ち知識&コラム
このページのTOPへ