京調には、夢を叶える、調理師科夜間部がある。

あなたの作った料理で人が幸せになる。自分の好きなことを仕事にする。
その大きな一歩を京調が全力で応援します。
自分の夢を信じて、新たな仲間とともに、想像を超えるキャンパスライフを!

安心! 3つのポイント

夜間部は、幅広い年齢の方が学んでいます。

特待生・奨学金制度など学費サポートが充実!

再進学者の就職率100%!就職サポートも充実!

高校を既に卒業していて、社会人経験者の方は、『社会人・フリーターの皆様へ』ページをご覧ください。

社会人の方はこちら

高校を既に卒業していて、社会人経験は無い方は、『高校を既に卒業された皆様へ』ページをご覧ください。

高校既卒の方はこちら

学科紹介

調理師科夜間部

お昼の収入を学費の一部に。

昼間のアルバイト先を京調から紹介。京調だからこそ紹介できる職場で昼間働き、夜は夜間部に通うことができます。

3つのポイント
1.収入を学費に!
昼の収入を学費や生活費にあてることができる。
2.希望分野を経験!
料亭やレストランでプロの世界を経験し、腕を磨ける。
3.学校⇔現場で相乗効果!
学校の学びを現場で実践。現場の疑問が学校で解決できる。

調理師科夜間部では、昼間に本校から紹介する調理の事業所でアルバイトをしながら、通学できます。
アルバイト収入を学費や生活費の一部に充当することで、学費を稼ぎなら学ぶことができます。 もちろん2年制各学科や調理師科の希望者にも通勤アルバイトや入寮アルバイトなどのアルバイト先を紹介しています。

データで見る入学者の属性

「調理師になるためにもう一度学びたい!」という同じ気持ちを持った仲間がたくさんいます。

年齢層は様々。再出発をする同じ志をもった仲間がたくさんいるので、安心して学習できます。

高校新卒者以外 29.0%(2018年度実績) 30歳以上の再進学者 22.8%(2018年度実績)

学生の4人に1人が社会人や高校既卒の方で、30歳以上も多く通っていることが特徴です。 また、本校の再進学者の男女比は1:1と半々の割合となっており、男性でも女性でも安心して通える環境が整っています。

飲食業界への就職を実現

再進学者の就職率100%!就職サポートも充実!

再進学者の就職・進学率 100%(2018年度実績)

キャリアアドバイザー・担任・副担任の先生の3人体制で就職活動をサポートします!業界とのつながりが強い先生方が学生一人ひとりにあった就職先を見つけられるようサポート。希望の進路に進むための就職相談や履歴書の書き方、模擬面接を実施しています。また、卒業後も再就職先の紹介や転職活動中のサポート、個別カウンセリングなどを受けることが出来ます。

学内企業セミナーの実施 就職専任スタッフとの個別面談

取得可能な資格がたくさん!

調理師科夜間部で、取れる資格・目指せる資格は10種類以上!

卒業と同時に取得できる資格

  • 調理師免許(国家資格)

目指せる資格

  • ふぐ処理師免許(京都府)
  • 製菓衛生師(国家資格)
  • ふぐ処理師免許(京都府)
  • 製菓衛生師(国家資格)
  • 食生活アドバイザー2級・3級
  • 食育インストラクター など

再進学を支える京調のサポート

学費サポートが充実!
一定の要件を満たしている方に支給される教育訓練給付金の他、京調では、授業料が免除となるバラエティー豊かな独自の特待生制度・奨学金制度を設置しています。

教育訓練給付金(専門実践教育訓練)

2年以上の勤務経験がある方は専門実践教育訓練給付制度の対象に。

京都調理師専門学校の下記の学科は、教育訓練給付制度の指定を受けています。 一定の条件を満たす雇用保険の一般被保険者(在職者)または一般被保険者であった方(離職者)が、厚生労働大臣の指定する教育訓練を受講し修了した場合、給付金が支給されます。

対象学科 金額
調理師科夜間部(1.5年制)
最大約64万
※資格取得後、1年以内に被保険者として雇用された場合は最大約111.6万円に!

※雇用保険に加入している(されていた)等、一定の要件があります。詳しくはお近くのハローワークにお問い合わせください。

特待生制度・奨学金

卒業後の返済が一切不要な京調独自の制度があります。

社会人(高校既卒の社会人、フリーターなど)からの再進学をお考えの方は必見の制度も。

種類 給付額
特待生A 調理師科夜間部
76万
特待生B 30万
特待生C 最大20万
再進学
サポート
奨学金
最大20万
社会人経験者
奨学金
最大20万

※それぞれ、応募条件と選考があります。

調理師科夜間部 先輩の声

父親の跡を継げる力を身につけたい。

大西 龍馬さん

調理師科夜間部

実家が京料理のお店を経営している影響で自分も料理の仕事がしたいと思い、調理師をめざしました。夜間部を選択したのは、

もっと読む

昼間に実家のお店を手伝いたいから。
調理実習でこだわっているのは、段取りを覚え素早く調理ができるようになることです。将来は父親の跡を継ぎ、もっと繁盛するお店をめざしたいです。

非表示に

憧れの料理業界へ

曳田 琴さん

調理師科夜間部

「和食を勉強するなら京都」だと思い、入学。昼間のアルバイト先は、京都を代表する料亭「木乃婦」さんです。仕込みや盛りつけなど、

もっと読む

調理補助を担当しています。こんなに恵まれた職場を紹介してもらえるのも、京調ならでは。
そしてアルバイト後、夕方に登校。
夜間部の学生は年齢層もさまざまなので、いろんな人と接しながら学ぶことも多くあります。 また、先生との距離が近く、ていねいにご指導いただけるところも京調のいいところです。

非表示に

もっと京調のことを知りたい方はオープンキャンパス・個別学校見学へ

無料で調理体験できるオープンキャンパスにどうぞお越しください。お仕事などで都合がつかない方は、個別学校見学も可能です。

このページのTOPへ