(名 称)
第1条 本会は、学校法人大和学園京都調理師専門学校同窓会(以下同窓会という)と称する。

(事務局)
第2条 本会の事務局は、京都市右京区太秦安井西沢町4番5 学校法人大和学園京都調理師専門学校(以下京都調理師専門学校という)内におく。

(目 的)
第3条 本会は、京都調理師専門学校と連絡を保ち、会員相互の緊密な連携により知識・技術の向上、経営管理の刷新発展を図り、併せて会員相互の親睦、福利の増進を期することを目的とする。

(事 業)
第4条 前条の目的達成のために、次の事業を行う。

  1. 会員の知識、技術向上のための講習会、研究会等の行事
  2. 店舗、施設の経営管理の合理化を図るための行事
  3. 会員相互の親睦を図るための行事
  4. 会報等の発行
  5. その他本会の目的達成に必要な行事

(会 員)
第5条 本会の会員は、京都調理師専門学校の卒業生とする。

(賛助会員)
第6条 本会の事業を援助する個人または団体であって、理事会の承認を得た者を賛助会員とすることができる。

(退 会)
第7条 会員が死亡したときは退会となる。

(組 織)
第8条 本会の運営上、次の部会をもうける。

  1. 調理師部会
  2. 喫茶専門部会
  3. 製菓衛生師部会

(役 員)
第9条 本会に次の役員をおく。

  1. 会 長  1名
  2. 副会長  2名
  3. 理 事  10名以内
  4. 監 事  2名

(役員の選出)
第10条

  1. 会長は、理事の互選により、これを選出する。
  2. 副会長は、理事の互選により選ばれた者を、会長が委嘱をする。
  3. 理事は、会員の中から総会において選出する。
  4. 監事は、会員の中から総会において選出する。

(役員の任務)
第11条

  1. 会長は、本会を代表して、会務を総理する。
  2. 副会長は、会長を補佐して、会長に事故あるときは、その職務を代理し、会長が欠員のときは、その職務を行う。
  3. 会長及び理事は、理事会を組織し、会務の統轄をする。
  4. 監事は、毎事業年度の会計に関する監査を行い、その結果について報告する。
  5. 監事は、本会の業務を監査して、その結果を総会に報告する。

(役員の任期)
第12条 役員の任期は、2年とし、再任を妨げない。補欠による役員の任期は、前任者の残任期間とする。ただし、役員は、任期満了後も後任者の就任まで引続き、その職務を行う。

(名誉会長)
第13条

  1. 本会に名誉会長を置く。
  2. 会長は、学校法人大和学園学園長に名誉会長を委嘱する。
  3. 名誉会長は、会議に出席して意見を述べることができる。

(顧問)
第14条

  1. 本会に顧問を置く。
  2. 会長は、京都調理師専門学校学校長に顧問を委嘱する。
  3. 会長は前項以外に本会に関係のある者を、理事会の推薦により顧問に委嘱をすることができる。
  4. 顧問は、会長の諮問に応じ又は会議に出席して意見を述べることができる。

(相談役)
第15条

  1. 本会に相談役を置くことができる。
  2. 相談役は、会長又は副会長経験者に対して理事会の推薦により会長が委嘱する。
  3. 相談役は、会長の諮問に応じ又は会議に出席して意見を述べることができる。

(代議員会)
第16条

  1. 本会の運営上、代議員を置く。
  2. 代議員会は、各卒業年次別に選出された者で組織をする。

(代議員の選出)
第17条 調理師部会および製菓衛生師部会の代議員は、卒業時に各クラスから選出された者を、喫茶専門部会の代議員は、各年度内の卒業生から選出された者を会長が委嘱をする。

(会議の種類)
第18条 本会の会議は、総会・理事会・代議員会とする。

(総会)
第19条

  1. 総会は、定期、臨時とする。定期総会は、会計年度の終ったのち、3ヵ月以内に開催する。 臨時総会は、理事会において必要と認めた場合もしくは全会員の1/20以上が要求した時に開催する。
  2. 定期総会は、議題を郵送する方式(以下「紙上総会」という)に代えて行うことができる。
  3. 総会は、会長が招集し、その議長となる。
  4. 総会は、少なくとも、開催の10日前までに会議の日時、場所及び事項を、書面により全会員に通知をする。ただし、紙上総会を実施する場合はこの限りではない。
  5. 総会の議決は、出席者の過半数による。
  6. 紙上総会の実施及び詳細は理事会で決することができる。

(総会の事項)
第20条 総会は次に掲げる事項の議決をする。

  1. 会則の制定及び改廃に関すること。
  2. 事業計画及び収支予算に関すること。
  3. 事業報告及び収支決算に関すると。
  4. 理事及び監事の選任に関すること。
  5. その他本会の運営に関すること。

(理事会)
第21条

  1. 理事会は、会長が必要と認めたとき、又は理事総数の1/3以上から目的を明記して開催要請があったときに開催する。
  2. 理事会は、会長が招集し、議長となる。
  3. 理事会の議事は、出席理事の過半数の同意をもって議決し、可否同数のときは議長が決する。

(理事会の事項)
第22条 理事会は、次の事項を審議する。

  1. 総会に関すること。
  2. 事業の執行及び本会の運営に関すること。
  3. 会長が特に必要と認めたこと。

(代議員会)
第23条 代議員会は、会長が招集し、その議長となり本会の運営上の事項について審議をする。

(庶務および会計事務)
第24条 本会の庶務及び会計事務は、学園長の推薦する学校職員に委嘱をする。

(会費)
第25条 本会の会費は、卒業時に納入する会費及び臨時会費、賛助会費、並びに事業収入及び寄付金等で賄う。

(会計年度)
第26条 本会の会計年度は、4月1日に始まり翌年3月31日に終る。

  1. 本会則は、1978年4月8日より効力を生ずるものとする。
  2. 会則の一部改正(第10条)、1988年6月12日より施行。
  3. 会則の一部改正(第9、11条)及び(役員の欠員)の削除および(名誉会長・顧問・相談役)の第14、 15、16条への分割に伴う条数の繰下げ。2005年8月1日より施行。
  4. 会則の一部改正(第5条、8条)、2011年4月より施行。
  5. 会則の一部改正(第2条)、2018年4月1日より施行。