調理技術教育学会第2回学術大会にて本校教員が発表!

調理技術教育学会第2回学術大会はコロナ禍による1年間の延期を経て
テーマ・運営方式が変更され開催されました。
参加者は対面からオンラインに「これからの料理人のあり方」をテーマに
実施されました。

本校からは角先生と徳永先生が登壇しましたぴかぴか (新しい)

 

【発表内容】 アフターコロナにおける継続的な調理技術教育の検討
【発表者氏名】 角 嘉久(かく よしひさ) 徳永 香里(とくなが かおり)
【キーワード】オンライン授業(遠隔授業)、SDGs、調理技術教育、満足度、合格率
【はじめに】
新型コロナウイルスの感染拡大による自粛要請により、本校でも2020年5月より実習授業および座学授
業において、オンライン授業を導入した。 オンライン授業においても、すべての学習者が質の高い技術
教育を受けられるようにすることは継続的な教育改革(SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能
な開発目標))の観点からも重要である。
【目的】
一年間のオンライン授業の満足度を調査し、今後の調理技術教育の在り方について、検討したので報告
する。

 

調理技術教育学会

このページのTOPへ