校内コンクールで技術を高め合おう!

京調の名物行事 校内コンクール

11/30(月)上級科1年次と調理師科による校内コンクールが行われました。
入学して約8ヶ月、43名の新入生が基本技術を磨き上げコンクールに挑みました。

今年はコロナ禍により密を避けるために応援や観覧なしでの開催。
いつもの実習とは全く違う緊張感の中、一人ひとり力を発揮しました。

 

校内コンクールとは

日本料理部門・西洋料理部門の2部門に分かれて基本技術を競い合います。
課題は、日本料理部門は【桂剥き】【だし巻き玉子】、
西洋料理部門は【シャトー】【オムレツ】を制限時間内につくるというもの。
基本技術は調理をする上でとっても大切です。
基本技術がうまくできるからこそ料理の出来栄えも変わり、応用技術に活かすことができます。

日本料理部門

日本料理部門では21名が出場しました。
制限時間は20分。時間内に桂剥きとだし巻き玉子を行います。
桂剥きは50センチ以上の長さで薄く、そしてなめらかな表面になるように剥いていきます。
だし巻き玉子は、形はもちろんのこと断面もきれいかチェックします。

西洋料理部門

西洋料理部門では22名が出場しました。
シャトーは5センチの大きさにきれいにかたどっていきます。
オムレツは焦げていないか、見た目はキレイが評価ポイントになります。

競技終了後はお互いに作品をチェック👀

結果発表🎉

日本料理部門では調理師科から3名、上級科から3名、
西洋料理部門でも同様に調理師科から3名、上級科から3名の
合計で12名が表彰されました。

入賞した学生も、入賞を逃した学生も、今回のコンクールを通してさらに技術を高めていってくださいね!

みなさんおつかれさまでした👏

京調のオープンキャンパスで憧れの先輩に会おう!

オープンキャンパスでは校内コンクールに出場した生徒にも会えるかも。
イベント当日は在校生スタッフがいるから、料理初心者の方でも安心して楽しく料理体験ができますよ!
料理に
興味のある方、京調への進学を考えている方は今すぐをチェックしよう👇

 

オープンキャンパスに申込む >

 

このページのTOPへ