京調卒業生★日本料理コンペティション優勝!

本校卒業生の黒柳 武志さん(割烹むぎとろ)が

第7回日本料理コンペティション京都決勝大会で優勝されました!

そんな黒柳さんに京調独占インタビュー!

Q.本校で学んだことや役立ったことはなんですか?

A.心構えやサービス力、現場で生きる力!

実家が料理店を営んでおり

「京都で修行するなら京都調理師専門学校に行きなさい」と

知り合いなどからも推薦があったので進学を決めました。

京調で学んだり働くことを通して

京料理業界とのつながりもでき、しきたりなども学べることが魅力でした。

私は愛知県出身なのですが、

地元の料理人の息子はみな「京都で修行が当たり前!」だったんです。

 

「露庵菊乃井」でインターンシップをさせてもらった際に

「店に来ないか?」と誘われて卒業後はそのまま就職をしました。

 

京調校では調理師免許が取得できるだけじゃなくて

「現場での心構え」や「サービス面」「レストラン管理」「ビジネス感覚」も

学ぶことができたため、今役に立っています。

 

Q.優勝されたときの気持ちを教えてください!

A.あきらめずに挑戦する姿勢が大切

これまで何回も日本料理コンペティションに挑戦してきて

8年目でやっとチャンピオンになることができました!

2位になったことがあり、その時はものすごく悔しかったので、

今日まであきらめずに頑張ってきて本当に良かったです。

 

今はうれしさと感謝の気持ちでいっぱいで

これは店のメンバーやチームで取った勝利です!

 

また、コンペティション当日に助手をしてくれた在校生の小西さんが素晴らしかったです。

彼がサポートしてくれたから受賞できたのではと思うぐらい、素晴らしいサポートでした!

 

京調理師専門学校は良い講師陣がたくさんいるので、素晴らしい学校だと思います。

 

Q.これから料理の道を目指す後輩へのメッセージをお願いします!

A.一度、現場を経験してみてください!

学生時代からアルバイトやインターンシップで

働いてみたいところで一度現場を経験してみることをお勧めします。

私の店にも、京調の卒業生が食事をしに来てくれて、よく相談に乗っています。

これからは日本料理の道に進む方も育成していきたいので、

私の店に食事に来るときに、京調の卒業生だといっていただけると、

色々とアドバイスをしたりもできるので

気軽に声をかけていただけると嬉しいです!

 


 

黒柳さん、優勝おめでとうございます!

料理の道を目指したい方、料理に興味がある方は

ぜひ京調のオープンキャンパスへおこしくださいね!

オープンキャンパスのお申し込みは下のコチラをクリック手 (パー)

コチラ