和食の学校なら、やっぱり本場の京都がいいよね!

和食の学校で学ぼう

こんにちは。

京都調理師専門学校の和食・日本料理上級科へ入学した、和太郎です。今日は、私がどんな経緯で京都調理師専門学校に入学したのか、学校ではどのようなことを勉強をしているのか、和食の学校を選ぶなら本場京都が良い理由は何かなどを、エピソードを交えながらご紹介します。ぜひ、参考にしてください。

和食の学校ってどんな勉強をするの?

本場京都の和食が学べる京都調理師専門学校ですが、入学するとどんなことを学ぶと思いますか?

授業ではまず、京都のブランド野菜である「京野菜」を使って、どうすれば食材本来の味を引き出せるのか、具体的な調理方法を学びます。

煮る・焼く・蒸す・揚げる・生食などの日本料理の調理法である「五法」を中心として、正確で手際の良い調理技術を、少しずつ、習得していきます。だから、和食についてなにも知らなくても、基礎からすべて学校で学ぶことができるのです。

ちなみに、蒸し物料理の実習では、最適な火加減や調理時間、料理を終えるタイミングまで、すべての流れを実際に経験することができます。私も入学したばかりなのでまだまだ勉強中ですが、講師の方から「一人前になれるように」と、丁寧に指導していただいています。

和食の学校に、私が入学したきっかけ

ここで、私が京調の和食・日本料理上級科へ入学したきっかけをご紹介します。自分のことを語るのってとても緊張しますが、これまでの経緯を振り返りながら、お伝えしていきたいと思います。

私の高校生活は、まさに「野球一色」。高校に入学してすぐ野球部に入部し、ポジションはライトでした。部活動に明け暮れ、甲子園を目指しましたが、残念ながら予選で敗退してしまい、出場することができませんでした。

私は幼いころから、祖父や父と釣りに行っていました。魚のさばき方を祖父や父に教えてもらう中で、料理に少しだけ興味を持つようになりました。でも当時はまさか、この経験が料理の世界への興味・関心につながるとは、思ってもみませんでした。でも、この経験がなかったら、料理の道に進むことはなかったでしょう。

そして、高校3年になり、就職について考える時期がやってきました。なかなか目指す進路が決まらず、悩んでいた高校3年の夏、すごく久しぶりに祖父と釣りに行きました。釣ってきた魚をこれまたすごく久しぶりにさばいたとき、料理に少し興味があったことを思い出しました。それから、料理について真剣に学びたいと考え始め、「祖父の大好きな和食の料理人になりたい」と思うようになりました。そして、「和食の本場、京都で学びたい」と考え、京都に大きな魅力を感じるようになっていました。

そのことを祖父や父に相談したところ、「京都か。いいじゃないか。」と言ってもらえました。母からの後押しもあり、京都調理師専門学校の和食・日本料理上級科への入学を決めました。

この時はまだ、和食について何も分からない自分がやっていけるのかと、自信がないところもあったのですが、親の応援もあり思いきって勉強することにしてみました。

和食の学校は、やっぱり本場京都がいい理由

料理が学べる学校は、京都調理師専門学校以外にもたくさんあります。でも、同じ料理でも「和食」を学ぶなら、やっぱり本場京都でしょう。私は、和食=京料理というイメージを持っていましたので、和食を学ぶなら京都!と素直に考え、京都調理師専門学校を選びました。京都に行けば、京都特有の「おもてなしの心」や、美味しい野菜の扱い方を学べるのではないか、と考えたからです。

それから京都には、京都ならではの気候と栄養豊富な土で栽培された、新鮮な京野菜が集まります。京野菜を使った京料理は、本場京都でなければ、そのすべてを学ぶことはできませんよね。

そしてゆくゆくは、地元で和食のお店を持ちたいと、今は考えています。

私の実家は、福井県の日本海側にあります。将来、自分の地元で、本場京都の野菜と地元福井でとれた魚を使って、自分が作った料理を提供したい。それができれば、きっと地元の人たちにも喜んでもらえるでしょう。地元に店を構えることができたら、私の背中を押してくれた祖父や、父、母に対する、最高の親孝行になると考えています。

そのためにも、今は修業の時と考えて、技術の習得にはげむべく、毎日がんばっています!

皆さんも将来、自分の和食のお店を持ちたいという夢があるのなら、京都調理師専門学校がおすすめですよ。