調理師の給料の相場を知ろう

調理師の給料の相場

調理師学校への入学を検討されている方の中には、調理師の仕事でどれくらいの給料がもらえるのか気になっている方が多いのではないでしょうか。
調理師を目指すにあたって、給料の相場を知っておいたほうが、キャリア形成について考えやすくなります。
そこで、今回は調理師の給料の相場についてご紹介します。

調理師の給料の相場はいくら?

調理師の給料の相場はいくらなのでしょうか。ここでは、調理師の給料の相場についてご紹介します。

就業先の規模により給料はさまざま

調理師の平均年収は、30歳で300万、40歳で400万円といわれています。
しかし、給料の相場については、就業先の規模によって異なるケースがほとんどです。

一流の料理店に勤務している場合は、年収1,000万円台になることもあります。

調理師免許の有無で異なる?

飲食業界の中には、調理師免許を持っていない方もいます。
しかし、調理師免許の有無で収入面が優遇される場合もあるため、調理師免許を取得してから調理師を目指すことをおすすめします。

調理師の初任給はいくら?

調理師の初任給はいくら?

調理師の初任給はいくらなのでしょうか。ここでは、調理師の初任給の相場についてご紹介します。

調理師の初任給は16~20万円前後

調理師の初任給は、就職先の規模や地域などにより、多少の差があります。そのため、調理師の初任給の相場は、月収16~20万円前後と考えておきましょう。

調理師免許があれば初任給はどうなる?

調理師免許などの資格を取得しておらず、見習いとして働いている間は、上記でご紹介した16~20万円よりも、さらに初任給が少なくなる可能性があります。
調理師免許を取得するなどして、ある程度の知識や技術を身につけた上で、就職することをおすすめします。

給料を上げるにはどうしたらいい?

給料を上げるにはどうしたらいい?

調理師として働いていく中で、 給料を上げるためにはどうしたら良いのでしょうか。
ここでは、給料を上げるコツについてご紹介します。

調理師としての腕を磨く

オーナーに認められて料理長などに昇格すれば、給料を大幅に上げることができます。
給料を上げるためには、閉店後に厨房(ちゅうぼう)を借りて料理の練習をするなど、調理師としての腕を磨き続けることが大切です。

自分のお店を持つ

調理師として成功したいと考えている方の中には、「自分のお店を持つ」ことを目標としている方も多いのではないでしょうか。
飲食店を開業して集客することができれば、社員の頃と比較して、大幅に収入を上げることが可能です。
ただし開業して、万が一うまくいかなかった場合には、収入がマイナスとなってしまう場合があることに注意しましょう。

専門的な免許や資格を取得する

調理師として給料を上げていくコツとしては、調理師免許を取得後、フードコーディネーターなどの食に関する民間資格を取得することが挙げられます。
より専門的な免許や資格を取得することで、自身のスキルを磨くことができるため、結果として収入面にもつながる部分があるといえるのです。

おわりに

今回は、調理師の給料の相場についてご紹介しました。
希望の職業がどの程度の給料なのか気になる方にとって、具体的にいくらぐらいの収入があるのかは大きな疑問の1つだと思います。

勤続年数や資格の有無、就職先の規模などによって、具体的な給与額は異なるのです。
希望している給与をもらうためには、就業先の規模や資格の有無は大変重要になるため、しっかりと考えた上で、就業先を選ぶことをおすすめします。

また、給料面だけに執着しすぎず、調理師としてどのように経験を積んでいくのか、どのようにしてスキルアップしていくのかをイメージすることが、将来的に収入を増やすことにつながるでしょう。