調理師学校に通うメリットについて

みなさんは調理師学校についてどんなイメージを持っていますか?
調理師学校へ通うことは、費用だけではなく時間もかかります。
それでも、調理師学校に通うメリットには、どのようなものが挙げられるのでしょうか。
今回は調理師学校に通うメリットについてお話していきたいと思います。

調理師学校ではどんなことを勉強しているの?

調理師学校へ通うことで学べることは、「調理」「衛生」「栄養」などに関する知識と技術です。
座学では、栄養学や食品衛生管理、調理理論、衛生法規等を学び、調理師として必要な知識を身に付け、実習では基本的調理技術や応用技術を学び、最新の調理器具の扱い方や使い方や食事のマナー、さらに食材の扱い方などを実際に料理を学びながら技術を身につけます。

詳しい授業内容は、調理師学校の1年制と2年制でやや異なります。
より専門的な知識や高度な調理技術を身につけたいという方には、2年制の調理師学校がおすすめです。

調理師学校に通うメリットとは?

調理師学校に通うメリットとは?

調理について基礎から学べる

調理師学校では、調理に関する基礎を初めから学べます。基礎は、独学だと学ぶことが難しい部分であり、調理師として成長していくためにも重要な要素となります。そのため、基礎を学べることは調理師学校へ通うメリットといえるでしょう。
また、学校のカリキュラムの違いはありますが、基本的には和食・洋食(西洋料理)・中華など、さまざまなジャンルの料理について学ぶことが可能です。そのため、「将来どのような料理をメインに作りたいか」という自分の方向性を、授業を通して考えることができます。

※即現場に就職して、実践を通じて技術や知識を身につけることの難しさとは・・・・・

現場はお給料をいただく場であることをしっかり認識することが大切です。毎日お客様へ料理を提供している環境の中「教えて欲しい」という視点を持つことは難しいと思います。教えていただく上にお給料までいただくという環境は、基本的にはないと思います。働いてお店に貢献し、お給料をいただきながら、自身で学び取っていくという環境であり、仕事の合間や家に帰ってから、衛生などの勉強をしていくことになります。なので、専門学校等で勉強することのメリットがあります。

衛生管理に関する知識が身につく

食品の安全を確保するのも調理師の役割です。食品の安全の重要性を認識し、飲食による危害の原因とその予防法に関する知識や技術を習得するとともに、食品衛生に関する法規及び対策の目的や内容を理解し、食品衛生の管理を担う調理師としての自覚を養います。調理技術を身に付けるのみならず、飲食店を運営する上での衛生面についても基礎から学べるのは調理師学校に通うメリットといえるでしょう。

就職につながりやすい

調理師学校へ通うことで、卒業後の就職につながりやすい傾向にあります。
調理師学校には、ホテルや料亭、レストラン等様々なお店から求人が届きます。
それは、調理師学校には将来調理師として活躍したいと希望する学生が多いため、新しいスタッフを求められる場合に、調理師学校にお声掛けをされることが多くなります。
また、調理師学校では就職をサポートするスタッフがおられる学校が多く、初めての就職活動もスムーズに行えます。このため調理師学校に通うと就職に繋がりやすくなります。

卒業すれば調理師免許が取れる

調理師の一般的な資格として「調理師免許」がありますが、資格取得のためには「調理師試験」に合格しなければなりません。しかし、調理師学校に通えば、卒業と同時に調理師免許が交付されます。調理師試験を受ける必要がないことも大きなメリットです。

疑問や不安をその場で相談できる

授業を受けていると、勉強内容に対して疑問を抱いたり、分からないことが出てきたりすることもあるでしょう。調理師学校であれば、その場ですぐに先生に相談して解決へのサポートを受けられます。これは座学だけではなく、実習の勉強をスムーズに進めるためにも大切なポイントです。

モチベーションの維持につながる

調理師学校では、自分と同じように「将来は調理師になりたい」という夢を持つ学生が多く集まります。そんな人たちとお互いに夢を話し合ったり、切磋琢磨(せっさたくま)したりできる環境は勉強へのモチベーションにつながるでしょう。

高校で調理専門コースに通っている人は行かなくてもいい?(高校との差)

調理師学校での学びが適している方とは?

高校で調理の専門のコースに通っていたけれど、調理師学校に入学した学生もいます。
レストラン実習などを経験し、より高い技術を身に付けたいという理由から進学を決めた人はたくさんいます。
調理の技術だけでなく、お客様に喜んでいただくためのサービスやお店をつくりあげる経営力を学ぶために専門学校へ進学する学生もいるのですね。美味しい食事を食べてもらうことだけがお店の仕事ではありません。「おもてなし」の心を専門学校で学ぶことで、お客様に居心地の良いサービスを提供することができるようになります。

独立開業するなら通うべき!

調理師免許があれば、就職して働くことが絶対ではありません。料理人として独立することができます。調理師免許がなくても開業することも可能ですが、前述したように調理に関する技術と知識を調理師学校で学ぶメリットは大いにあります。自宅を改装して料理教室やカフェ、小料理屋を始めてみても良いでしょう。
調理師はたくさんの活躍の場が与えられている職種です。雇用形態などにこだわらなければ、ライフステージに変化があっても、料理・調理に関わる仕事に携わることができます。
京調には独立開業をサポートするプログラムもあります。
このようなプログラムを受講することで独立開業の夢も現実になるでしょう。

おわりに

今回は、調理師学校へ通うメリットについてご紹介しました。調理師を目指す方にとって、調理師学校に通うことはメリットが多いのです。
調理師になるために独学で勉強したり、資格を持たずに飲食店の見習いを始めたりするよりも、調理師学校へ通ったほうが、基礎的な知識と技術、衛生管理を身に付けることができます。
今回ご紹介した内容を参考に、自分に合った進路を見つけてくださいね。

仲田 雅博

仲田 雅博

和食・日本料理特別教授。
大和学園ホスピタリティ産業振興センター センター長。
2003年度「京都府優秀技能者表彰(京の名工)」受賞。
2008年度「卓越した技能者表彰(現代の名工)」受賞。
2016年度「黄綬褒章」受章。

  • ツイッター
  • インスタグラム
  • ライン

このページのTOPへ