調理師学校に通うメリットについて

調理師学校に通うメリット

調理師になるためには、主に2つの方法があります。
調理師学校へ入学し、卒業と同時に調理師免許を取得する方法と、飲食店で2年以上実務経験を積み、試験に合格して調理師免許を取得する方法です。調理師免許を取得するためには、いくつかのルートがありますが、今回は時間とお金をかけて調理師学校へ通うメリットについてご紹介します。

調理師学校ではどんなことを学ぶの?

調理師学校へ通うことで学べることは、「衛生」「栄養」などに関する座学と、調理に関する実技です。
座学では、栄養学や衛生法規を中心に調理師として必要な知識を身に付け、実技では調理器具の基本的な使い方や作法、食材の扱い方などを、実際に身体を使って学びます。

詳しい授業内容は、調理師学校の1年制と2年制でやや異なるでしょう。
より専門的な知識や高度な調理技術を身につけたいという方には、2年制の調理師学校がおすすめです。

調理師学校に通うメリットとは?

調理師学校に通うメリットとは?
調理師学校へ通うことは、費用だけではなく時間もかかります。
それでも、調理師学校に通うメリットには、どのようなものが挙げられるのでしょうか。

調理について基礎から学べる

調理師学校では、調理に関する基礎を初めから学べます。基礎は、独学や見習いだと学ぶことが難しい部分です。そのため、基礎を学べることは調理師学校へ通うメリットといえるでしょう。
また、学校のカリキュラムの違いはありますが、基本的には和食・洋食・中華など、さまざまなジャンルの料理について学ぶことが可能です。そのため、「将来どのような料理をメインに作りたいか」という自分の方向性を、授業を通して考えることができます。

就職につながりやすい

調理師学校へ通うことで、卒業後の就職につながりやすい傾向にあります。調理師学校に通い卒業したことにより、調理に関する知識や技術が身に付いていると判断され、採用する側も前向きに検討しやすいのです。
実際、調理師学校を卒業している方は、独学での資格取得や免許を持たない方と比較すると、就職率が高いといわれています。

卒業すれば調理師免許が取れる

調理師の一般的な資格として「調理師免許」がありますが、資格取得のためには「調理師試験」に合格しなければなりません。しかし、調理師学校に通えば、卒業と同時に調理師免許が交付されます。調理師試験を受ける必要がないことも大きなメリットです。

疑問や不安をその場で相談できる

授業を受けていると、勉強内容に対して疑問を抱いたり、分からないことが出できたりすることもあるでしょう。調理師学校であれば、その場ですぐに先生に相談して解決へのサポートを受けられます。これは座学だけではなく、実技の勉強をスムーズに進めるためにも大切なポイントです。

モチベーションの維持につながる

調理師学校では、自分と同じように「将来は調理師になりたい」という夢を持つ学生が多く集まります。そんな方たちとお互いに夢を話し合ったり、切磋琢磨(せっさたくま)したりできる環境は勉強へのモチベーションにつながるでしょう。

調理師学校での学びが適している方とは?

調理師学校での学びが適している方とは?

調理師を目指す方にとって、調理師学校へ通うことは多くのメリットがあります。しかし、だからといって調理師を目指す方、全員に該当するとは限りません。
そこで以下に、調理師学校での学びがより適している人物像についてまとめます。

調理に関する技術や知識が身に付いていない

調理に関する技術や知識が身に付いておらず、まったくの初心者という方は、調理師学校への入学をおすすめします。

何の知識も持たないまま独学で勉強をスタートしても「何から始めれば良いのか分からない」「そもそも自分は何を分かっていないのか分からない」など、困惑してしまうでしょう。調理師学校へ通えば、卒業までのカリキュラムが組まれているため、充実したサポートのもと、調理に関する技術や知識を習得できます。

勉強に関して不安に感じている方

1人では挫折したり諦めたりしてしまうかもしれない、という不安を持たれている方も、調理師学校への進学をおすすめします。分からないことがあればすぐに相談できるため、周囲の仲間と共に励まし合いながら、挫折しにくい環境の中で勉強を進められるでしょう。

おわりに

今回は、調理師学校へ通うメリットについてご紹介しました。

調理師を目指す方にとって、調理師学校に通うことはメリットが多いのです。
調理師になるためのに独学で勉強したり、資格を持たずに飲食店の見習いを始めたりするよりも、調理師学校へ通ったほうが、基礎的な知識と技術を身に付けることができます。
今回ご紹介した内容を参考に、自分に合った進路を見つけてください。