京都調理師専門学校 留学生ページ(きょうとちょうりしせんもんがっこう りゅうがくせいページ) フランス料理上級科

フランス料理上級科

古典から現代までの高度なフランス料理を体系的に学び、理解を深めます。
実習では、フランス料理のランチ・ディナーをオペレーション形式(店舗形式)で学び、実践力を養成。また、デザート実習はワンセルフ実習を軸に一人で盛り付けまでを行うなど、スキルの高い調理師になるための実力を磨きます。


【上級フランス料理】実習の習得目標

  1. オードブルからメイン料理まで段階的に学習する。

  2. 古典フランス料理から真空調理・減圧調理など現代フランス料理の高度な技法までをマスターする。

  3. 食材や器具の名称、調理法などのフランス語の料理用語を習得する。

  4. 最新の料理分子学を学ぶ。

【ランチオペレーション】実習の習得目標

  1. ビストロ、ブラッスリー、レストランのランチメニューをスピーディーに提供するための調理技法を段階的に身につける。

  2. 調理とサービスの連携を実践的に学ぶ。

【ディナーオペレーション】実習の習得目標

  1. 高級フレンチレストランの季節ごとのディナーメニューを通して、仕込みのオペレーションと高度な調理技法をマスターする。

  2. クロッシュサービスやゲリドンを使ったデクパージュなどの高度なサービス技法を身につける。

【カフェデザート】実習の習得目標

  1. フランス菓子を中心に製菓技術を幅広くマスターする。

  2. コーヒー、紅茶などのドリンク類の取り扱いをマスターする。

  3. カフェ運営を通じて、スピーディーなサービスと接客法を習得する。

ページの先頭へ