学費サポートモデルケース

学費は自分で払いたい、親に迷惑をかけたくないと考えている方のために、
taiwaの様々な学費サポートを卒業生の事例でご紹介します。
あなたにあったプランを見つけよう!!

【プランA】無理なくゆっくり返済!0円スタートプラン!!

Aさん(現:29歳)
[勤務先:京都市内 割烹店]

出身:福井県
卒業学科:京都調理師専門学校
1年制学科卒業
18歳で入学。在学中は京都の学校指定住宅で一人暮らし。
学費・生活費等全て自己負担。

アルバイト収入
80,000円/月
(時給900円の料亭で1日4時間、週5~6回程度)
月々の支出
家賃40,000円、携帯代8,000円、食費・生活費25,000円
⇒月々の家賃や生活費はアルバイト代でやりくり!!

対象となる特待生・奨学生制度 自宅外通学生奨学金(学費10万円免除) 教育ローン制度 教育ローン(国民生活金融公庫)・国の教育ローン(日本政策金融公庫)200万円の借り入れ(学費・教具費の全額分) ↓卒業後返済開始 月々に18,909円返済すればOK!!(※10年返済)

Aさんの声
私は一人暮らしだったため、アルバイト代は全て生活費等にあてました。卒業後少しずつ教育ローンを返済し、今年の4月に全て払い終わりました!
在学中の生活費のやりくりは大変だったけれど、返済は思っていた以上に楽でした!!
今は地元で自分のお店を持つために準備中です。
あと3年後には自分のお店で、たくさんの人を幸せにしたいです。

【プランB】昼にアルバイトで学費を稼ごう!在学中返済プラン!!

Bさん(現:30歳)
[カフェ店(自営)]

出身:京都府
卒業学科:京都製菓技術専門学校
製菓技術科夜間部卒業
25歳で入学。(前職:出版社OL)
在学中にアルバイトで学費を全て払いきる

アルバイト収入
約14万円/月
(時給900円の製パン店で1日7時間、週5~6回) 
月々の支出
携帯代10,000円、交通費3,000円、おこづかい25,000円
⇒残りは学費に!

対象となる特待生・奨学生制度 社会人経験者奨学金制度(学費10万円免除) 教育訓練給付金(卒業後、国から10万円支給) 教育ローン制度 国の教育ローン(日本政策金融公庫) 50万円の借り入れ(学費・教具費の全額分) ↓在学中の9月から返済開始 残りの学費を払いながらローンの返済を開始!月々約43,000円で卒業時に返済完了!!)

Bさんの声
入学前は貯金も無く不安だったけれど、いろんな奨学金がもらえたので何とかやりくりできました!!
今は調理師の夫と夢のカフェ店を営んでいます。
これからもっと大変になるかもしれませんが、自分の好きなことなので楽しんでやっていきたいと思います。

【プランC】奨学金で親の負担を軽くしよう!出世払いプラン!!

Cさん(現:22歳)
[勤務先:京都市内ホテル]

出身:滋賀県
卒業学科:京都調理師専門学校
2年制学科卒業
18歳で入学。日本学生支援機構の奨学金を利用

アルバイト収入
約68,000円/月
(時給850円のホテルで1日4時間、週5回) 
月々の支出
携帯代10,000円、交通費6,000円、食費・生活費10,000円、
おこづかい20,000円、貯金10,000円
⇒在学中も少しずつ貯金をすれば、余裕を持って返済できる!

対象となる特待生・奨学生制度 特待生B(25万円×2年免除) 日本学生支援機構奨学金 第二種奨学金(月10万円・利息付) 親援助 総額80万円 ↓就職後 月々16,769円で15年後に返済完了!!親への感謝の気持ちも忘れずに!!

Cさんの声
卒業後は給料で奨学金を返しています。全て返すまでにまだ13年かかりますが、余裕ができれば親にも少しずつお金を返したいと思います。
今はtaiwaに入学してよかったと思います。
親に感謝!!
サポートブック2014の資料請求はこちら