京調news

京都調理師専門学校の最新情報です。

株式会社アルカン主催、ミシュラン2ツ星レストラン「ドメーヌ・レクレイエール」フィリップミールシェフ料理講習会が、京都調理師専門学校で開催されました。
フォアグラとオマールエビを主として扱う、ROUGIÉ社の食材を使用したコンテンポラリーな料理が披露され、多くのプロの料理人が受講されていました。
IMG_0894

・フォアグラとフリュイ・マンディアンのテリーヌ、ラタフィア・ド・シャンパーニュのヴァンショー風ジュレIMG_0887

 ・セロリとトリュフのレムラード オマールマヨネーズソース、コライユで色付けしたフォアグラのグリル
IMG_0888

・ボルシチでポッシェしたフォアグラ・ド・カナール、ビーツの塩釜焼、青梗菜とエノキダケ
IMG_0899

どの料理も芸術的で素晴らしいですね!!!

食材を技術と感性で芸術(アート)に仕上げる、フランス料理の魅力を感じれる講習会でした。

シェフの右腕として活躍されている副料理長はなんと・・・・・・日本人でした!!

本場フランスで活躍する夢を、多くの若者が抱ける証ですね。

今回は多くのプロフェッショナルが受講されていましたが、皆さん驚きの様子でした。

フィリップ・ミルシェフ、今後も素晴らしい料理を作り続けられるのでしょうね。