京調news

京都調理師専門学校の最新情報です。

皆さん、こんにちは!

昨日は、いよいよ冬至を迎えましたね。冬至を過ぎると、寒さが本格的雪 になってくると

言われていますが、皆さんは風邪など引かないよう気を付けてくださいね!わーい (嬉しい顔)

 

さて、そんな寒さ厳しい中ですが、本日、京調校で開催されたホットな黒ハート 授業

「おせち料理専攻科」についてご紹介です!

 

おせち料理専攻科は、スキルアッププログラム(希望制授業)の1つであり、

今回は30名を超える学生の皆さんが参加しました。

「叩き牛蒡(ごぼう)」や「田作り」「数の子」「鮭柚庵(ゆうあん)焼き」

「棒だらと海老芋の旨煮(うまに)」など、伝統的な京都のおせちの基本を

含め17品目を作りまするんるん (音符) るんるん (音符)

 

イラスト入りの本校オリジナルテキストで学びます

 

 

まずは講師の平井先生のデモンストレーションを見学します。

平井友浩先生は、京都の一流料亭やホテルホテル で勤務されていた先生で、

ポイントをおさえた分かり易い授業と、軽快なトークで人気の先生です目がハート (顔)

 

ポイントをテキストにメモしながら、
まずは先生のデモンストレーションを
見て学びます。

 

 

「昆布巻きに使う『昆布』は、味を染み込み易くするために、

一度冷凍した昆布(繊維がつぶれていて味が染み込みやすい)を

使うんですよー」などなど「豆知識」が盛りだくさんぴかぴか (新しい) の先生のデモを見た後に

いよいよ実習開始ですdouble exclamation

 

先生の指導を受けながら、焼き台で
鮭の幽庵(ゆうあん)焼きを焼いています

 

豚肉の昆布巻きを調理中!

 

各品目が完成してきたら、いよいよお重への盛り込み開始!!

 美しく、美味しそうに盛り付けましょううれしい顔double exclamation

 

美味しそうに立派なおせちが完成して、大満足exclamationうれしい顔 exclamation 

おせち完成!!
上手にできましたね☆

  

  伝統的な京都のおせちが学べるのも、京都にある 京調校ならではですね指でOK  

 

 2013年最初の体験入学も、京都にある京調校ならではの京都風白味噌のお雑煮を作る内容で開催します。    京料理や日本料理に興味のある方は、ぜひぜひお越しくださいね手 (パー) 手 (パー) 

 

    ぴかぴか (新しい) ぴかぴか (新しい) 気になる献立の確認やお申込はコチラからどうぞぴかぴか (新しい) ぴかぴか (新しい) http://www.kyoto-chorishi.ac.jp/blog/news/4310