京調news

京都調理師専門学校の最新情報です。

12月13日から14日の二日間にわたり、

京都市勧業館“みやこめっせ”で開催の

「京料理展示大会」に多くの学生が見学に参加しました。

京料理展示大会とは、今年で107回目を迎える年末の

「伝統行事」の一つとして恒例のイベントです。

多くの料理店の作品が出展されました。

 

この大会は、これまで口伝で継承されてきた料理の技術を披露し、

更なる京料理の発展を願うべく始められました。

 

京都の有名料亭・割烹店が出品した豪華な作品が展示されるほか、

舞台の上では京料理教室や生間流式包丁の実演、

舞妓さんによる京舞の披露などが行われました。

本校は会場に「大和ブース」を設置し、

姉妹校の先生方による料理やお菓子の

デモンストレーションを行いました。

ラ・キャリエールクッキングスクール仲田校長です。

京のおせちの定番、お煮染(し)めです。

京都栄養医療専門学校、坂本先生が講習に駆けつけました。

大原野菜を使ったおもてなし料理です。 

京都調理師専門学校、イタリア料理の三木先生です。

京野菜を使ったクリスマス料理です。

美味しそうですね(>_<)

京都製菓技術専門学校、山口先生と尾鳥先生です。

こなし生地を使った四季の京菓子です。

きれいで心が洗われます。

京都調理師専門学校、日本料理の飯先生と渡部先生です。

京野菜を使った、新春の白味噌雑煮です。

また、作品展示スペースには、

京調校の先生方の作品も出展しました。

 

展示作品は、どれも趣向が凝らされた作品が並び、

学生たちは興味津々でした。

2月2日に開催される卒業記念作品展「味舞祭」を控えた学生たちには

きっと大きな刺激、勉強になったことでしょう。