調理師科夜間部“ならでは”のメリットをご紹介!

京都調理師専門学校の調理師科夜間部(1.5年制)は学びやすい!

みなさん、こんにちは。
京都調理師専門学校には全国的にも珍しい夜間部があります!
夜に通うには少し抵抗が~・・・、昼間部と比較してしっかり学べるの・・・?などなど思われる方も多いかと思いますが、今回のブログでは調理師科夜間部“ならでは”のメリットをご紹介します!

①お昼間の時間を有効活用できちゃう!

授業時間は夜の18時15分から21時25分までなのでお昼の時間を有効活用することができます。
レストランやホテルなどの調理現場でアルバイトもできますし、大学生や専門学校生は昼間は別の教育機関に通いダブルスクールの場として調理師免許を取得することもできます。会社勤めの方でも学べる環境なんです。
もちろん昼間のアルバイト先は学校からの紹介も可能です!

②アルバイト×授業の相乗効果で調理技術がどんどん上達!知識も習得!

例えば、昼間に日本料理店のアルバイトに行き、そこで分からなかった調理技術や料理に関する専門知識を学校に来てから先生に確認することができます。そして学校の調理実習や、アルバイト先で実践することで調理技術や専門知識がしっかりと習得できます。

③調理師科夜間部は他学科と比較して学費が一番リーズナブル!

他学科に比べて学費が最も安い学科です。学費も分納できるので、卒業までの自力進学の計画が立てやすいでんです。また返済不要の奨学金も充実しています。

④料理の基礎から専門調理まで段階をふんで勉強できます!

1.5年で約1000時間の授業を行います。(実習420時間 座学570時間)
4月~9月は料理の基礎を学び、10月~翌年の5月は会席料理やコース料理といった調理の応用技術を身につけます。そして6月~卒業までは京料理専攻と西洋料理専攻の2つの専攻に分かれて、専門技術を高めます。専攻は自由に選ぶことができるので、興味のある分野や就職先の分野に合わせて勉強できます!

⑤取得可能資格がたくさん!もちろん卒業時には調理師免許を取得!

プロの料理人としての証明である調理師免許をはじめ製菓衛生師やふぐ処理師免許など多くの資格を取得することが可能です。たくさんの資格を取得して、現場で幅広く活躍できますよ~!

オープンキャンパスに参加しませんか?

調理師科夜間部“ならでは”のメリットはまだまだたくさんあります。学費のことや授業内容のことなどオープンキャンパスで詳しく説明しています。オープンキャンパスでは調理実習も行いますので、楽しんで参加してくださいね。

オープンキャンパス申込みはコチラ