憧れの調理師という仕事をしてみませんか?

調理師
皆様の人生の中で一度は「調理師」に憧れたことはありませんか? 子供の頃に憧れたのはもちろんですが、料理が凄く上手な人のことがかっこよく見えてしまうのは大人になっても皆様の中にある感覚であると思います。

TVで料理番組を見かけるとついついこの人がどんな料理を作り上げるのだろうと気になってしまいます。そんな料理のスペシャリストである「調理師」についてここではご紹介させて頂きたいと思います。

飲食業界に従事することを目指している方はもちろんですが、そこまでではないが興味はあるという方も調理師というお仕事の魅力をここで知って頂けたらと思います。

調理師とはいったいどんな仕事をするの?

まずは調理師という仕事についての魅力をご紹介しましょう。調理師という仕事は一言で表したとしてもその中身はとても多くのジャンルに別れています。

調理師免許を取得したとして、飲食店で働くことを想像してみてください。皆様は何のお店を想像したでしょうか? 料理にはほんとうに多種多様なジャンルが存在します。

例えば「日本料理」「中華料理」「フランス料理」「イタリア料理」などなど馴染み深い料理を挙げるだけでもほんとうにたくさんのジャンルに枝分かれします。

これが調理師になる上で楽しいところなのではないかと思いますが、同じ調理師免許を取ったとしても行き先によってほんとうに全く違う道になるのです。

もちろん中にはジャンルは違うけれど通じる技術や知識があるのは確かですが、作る料理のジャンルが違えばもちろん覚えなければいけないことにたくさんの違いができます。

調理師の仕事のおもしろいところはそういう所なのではないかと私は思います。仮に同じ調理学校を同年に卒業したとしても、行先のジャンルが違え実際に仕事でやることは全くの別物であると言えるでしょう。

日本料理にはあってもフランス料理にはない知識や技術は沢山ありますし、これはどのジャンルを組み合わせても言えることであります。

やっても、やっても極めるという正解がない調理師の仕事がかっこよく見えてしまうのは仕方がないことではありませんか?

皆さんもこれをきっかけに是非調理師という仕事を志してみては如何でしょうか? 

調理師にはどうやったらなれるの?

では、次に調理師を志している皆様に1つご説明致しましょう。飲食業界で料理を作るなら必須と言って良いくらい必要な「調理師免許」ですが、調理師免許とはいったいどうやって取得することができるのでしょうk?

調理師免許の取得には大別すると2つの取得方法があります。まず1つ目が調理学校(調理師養成学校)に入ってから、1年以上の勉強と卒業が条件に手に入れることができます。

2つ目の方法ですが、飲食業界に属するお店(飲食店)などで2年以上の実務経験を積むことにより受験資格を得て受験に合格するという方法です。

どちらが良いかと言いますとどちらにもメリットがあるのではないかと思いますが、私的見解では調理師学校に通うのが良いのではないかと思います。

何故かというと調理師学校を卒業することで無条件に調理師免許を手に入れることができるからです。私的見解ですが、実務経験とは後でいくらでも付いてくることになりますので、先に調理師免許を貰って置くほうが後々で得だと思うのです。

皆様も調理師学校を卒業して調理師免許を手に入れませんでしょうか? 

調理師になるためのひと押し!

誰から見てもかっこいい仕事というのはなかなか探してもなれるものではありません。しかし調理師という仕事には誰から見てもかっこいい人間になれるチャンスがあるのです。

人生は一度切りです。ここで一度調理師になることに挑戦をしてみないですか? 周りに自慢のできる仕事であることは間違いありません。少しでも興味のある方は調理師になることに挑戦してみましょう!