イベント情報

進学アドバイザーがお待ちしてます♪

2016

7/

04

【京都×フランス料理】フランス料理だより⑤~フランス菓子 マカロン~

みなさん、こんにちは。
フランス料理講師の坂本です。
坂本 三郎


今回はフランス菓子のマカロンについてご紹介します。
マカロンはアーモンドパウダー、砂糖、卵白などが主材料の焼き菓子ですが、
フランスの地方によって形や食感、当然配合や焼成温度も違います。
マカロン

ロレーヌという地方のマカロン・ド・ナンシー「Macaron de Nancy」は茶色く、
かりかりと香ばしいのが特徴。
パリのマカロン「Macaron parisien」は、
マカロン・リスとも呼ばれ、表面が「すべすべ」です。
卵白に砂糖を加えてしっかり泡立ててから合わせるのでふんわりとした食感です。
間にクリームやコンフィチュールをはさんで2つを合わせて売られています。
パリではラデュレ(Ladurée)というお店が有名ですが、私はここのピスタチオのマカロンが大好物。
最近食べた中では、抹茶も絶品です。


このように私たちはデザートを
食べることも作ることも大好きですが、

フランス料理上級科のレストラン実習では、
必ずデザートを作ります。

IMG_2787
食事の最後を締めくくるデザートは
フランス料理人にとって非常に大切な存在です。

ブランマンジェ・ガトーショコラクラシック・バニラアイスクリーム


また、在学中には、製菓衛生士免許の
取得をめざすことができる

ダブルライセンスプログラムも受講できます。
調理技術だけでなく、パティスリーの知識と技術も同時に身につけることができます。
図1


将来はフランス料理人をめざしてる皆さん、
フランス料理上級科で[料理]も[デザート]も作れるフランス料理人をめざしませんか?

ぜひ一度オープンキャンパスにお越しください。
お待ちしております。
フランス申し込みボタン

pagetop