京調校にジャン・ロベール・ピット氏が来校されました!!

本日、京調校に、ジャン・ロベール・ピット氏がご来校になりました!

ジャン・ロベール・ピット氏は、前パリ・ソルボンヌ大学の学長を

務められた方で、フランス料理が世界文化遺産に登録された際に、

中心的人物として活躍されました。

 

今回は、日本料理アカデミーと京都府が活動している「和食」の

世界文化遺産登録に向けた動きの中で、京調校の見学にいらっしゃいました。

 

 

京調校では、本校が誇るシミュレーション実習室である「京都ダイニング」

・「京料理実習室」や、「レストランホール『SUZAK』」・「レストラン

実習室」をはじめ、各フロアの実習室を興味深くご覧になりました。

通訳の方を通して、各実習室の設備や器具についてなど、熱心に尋ねられていました。

 

今回のピット氏のご来校が、将来の「和食」の世界文化遺産登録への動きに

大きな役割を果たされることを期待しつつ、京調校でもこれからも、

その大きな流れに貢献できるよう取り組んで参りたいと思います。

宗川先生の説明を熱心に聞かれていました

 

 

 

 

 

 

 

 

京都ダイニングを見学されているピット氏

 

 

 

 

 

 

 

 

セミナーホールもご覧になりました

 

 

 

 

 

 

 

 

京調校1Fロビーでの記念撮影